• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ライフイベント 』 内のFAQ

269件中 11 - 20 件を表示

2 / 27ページ
  • 乳幼児健診(健診の種類)

    4か月児健診、8か月児健診、1歳6か月児健診、3歳6か月児健診があります。8か月児健診、1歳6ヵ月児一般健診については協力医療機関で行っています。その他の健診は集団健診の形式で保健福祉センター(4か月児健診)、地域医療センター(1歳6か月児歯科健診、3歳6か月児健診)で実施しています。4か月児健診のお知らせについ... 詳細表示

  • 小児医療証が使えず、病院の窓口で保険診療分(3割または2割)の医療費を支払...

    小児医療証をお持ちにならず受診した場合や、県外の医療機関で受診した場合は、診療月の翌月以降(5年以内)にこども総務課で還付の申請をしてください(健康保険が適用になった、一部負担金が対象です)。 【申請に必要なもの】 (1)健康保険証 (2)小児医療証 (3)印鑑 (4)医療機関等の領収書(受給者氏名、保... 詳細表示

  • 小児医療費助成制度の交付申請

    申請書類を郵送するか、保健福祉センター2Fこども総務課、本庁舎1F市民課13番窓口、渋谷分室、中央林間分室で手続きをしてください。 詳しくは、関連ページを参照してください。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 地域包括支援センターの担当区域

    大和市には9カ所の地域包括支援センターがあります。ご相談は、お住まいの地区を担当する地域包括支援センターをご利用ください。地域包括支援センターの担当地区は次のとおりです。 地域包括支援センター名称・住所・TELと担当地区 地域包括支援センター名(通称名) ... 詳細表示

  • 年金手帳の再発行

    ・国民年金第1号被保険者(自営業者、学生など)→大和市保険年金課(お急ぎの場合は相模原年金事務所へ) ・厚生年金や共済組合の加入者→勤務先 ・国民年金第3号被保険者(厚生年金・共済組合加入者に扶養されている配偶者)→扶養者の勤務先 ◆ 持ち物  手続きの際は、本人確認の... 詳細表示

  • 市県民税の納付方法

    市県民税の納付方法は、給与からの差し引き(特別徴収)、自分で納付書(又は口座振替)にて納める方法(普通徴収)、公的年金からの差し引き(公的年金からの特別徴収)の3通りあります。特別徴収では、6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の毎月の給与から差し引いて納めていただきます。これは、お勤め先の経理の方などを... 詳細表示

  • 小児医療費助成制度

    お子さんが病気やケガなどで医療機関にかかったときに、保険診療で支払う医療費の自己負担額を助成する制度です。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 出生届に必要なもの

    ○必要事項を記入した出生届(出生証明書に医師・助産師の証明があるもの)○届出人の印鑑(朱肉を使うもの)○母子手帳をお持ちください。*赤ちゃんのお母様が大和市の国民健康保険に加入している場合は、出産育児一時金の申請をできる場合があります。手続きには、健康保険証、世帯主名義の金融機関の通帳と印鑑をお持ちください。*届... 詳細表示

  • 国保の脱退

    必要です。国民健康保険から社会保険に切り替わった際には、①お手続きが必要な方全員の社会保険証、②国民健康保険証の原本、③本人確認書類(免許証・パスポート等)、④マイナンバーが確認できるものをお持ちになって脱退の手続きをしてください。渋谷分室でもお手続きできます。また郵送でも受付ておりますので、詳しくはお問い合わせ... 詳細表示

  • 母子健康手帳の交付

    【平成30年度(平成30年4月1日より)】 平成30年4月1日より大和市では母子健康手帳を「子育て何でも相談・応援センター」で交付になります。 母子健康手帳の交付は、安心して出産・育児ができるよう保健師などの専門スタッフが対応します。お手続きの際に、お気軽にご相談ください。 本庁・分室・各連... 詳細表示

269件中 11 - 20 件を表示