• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ライフイベント 』 内のFAQ

269件中 21 - 30 件を表示

3 / 27ページ
  • 国民年金保険料の免除

     国民年金第1号被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。  そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。  承認を受けてから10年以内は追納ができ、年金額... 詳細表示

  • 介護保険要介護認定の申請

    要介護認定申請書等を市に提出してください。申請手続きは、市役所本庁舎1階、大和保健福祉センター5階介護保険課窓口で行うことができます。手続きの際には、介護保険被保険者証、医療保険証(65歳未満の方のみ)をお持ちください。また、申請時にはかかりつけ病院の主治医氏名、医療機関の名称、所在地、電話番号の記入が必要となり... 詳細表示

  • 出産育児一時金の支給

    国保に加入している方が出産したときは、出産育児一時金が42万円が支給されます(死産・流産でも妊娠12週以上であれば支給されます)。ただし、社会保険から出産育児一時金が支給される場合(1年以上の加入期間があり(扶養ではない)、退職後6ヶ月以内に出産された場合)は、国民健康保険からは支給されません。 原則と... 詳細表示

  • 引越した場合の下水道使用料の手続き

    お引越しする(された)場合は、大和水道営業所へご連絡をお願いします。大和市では神奈川県企業庁に下水道使用料の徴収委託をしているので、上水道・下水道の開始・休止の連絡があわせてできます。ただし、井戸水ご利用の方は河川・下水道整備課(046-260-5463)にご連絡ください。 上下水道料金のお知らせ(検針票)や領収... 詳細表示

  • シルバー人材センターへの入会と、依頼できる仕事

    社)大和市シルバー人材センターは、健康で働く意欲のある高年齢者の就業システムです。会員になれるのは、おおむね60歳以上で働く意欲のある健康な方です。 長年にわたって培ってきた豊かな知識や技術を活かせる様々な仕事を、企業、家庭、公共団体などから引き受けています。 引き受けている主な仕事の内容は、植木の手入れ、除... 詳細表示

  • 求職中の保育所等利用申し込みについて

    求職中や入所後仕事を探す場合でも保育所等はお申し込みできます。 求職中という状況で入所した場合、利用できる期間は原則として3ヶ月になります。 以降も利用したい場合は利用できる期間の前月20日までに「子どものための教育・保育給付支給認定変更申請書」と保育を必要とする保護者の状況が分かる書類(就労証明書な... 詳細表示

  • 国保への加入

    社会保険から国民健康保険に切り替えする際には、①社会保険資格喪失証明書、ない場合は離職票、退職証明書のいずれか1点、②本人確認書類(免許証・パスポート等)、③マイナンバーが確認できるものが必要となります。大和市役所保険年金課または渋谷分室でお手続きをしてください。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わ... 詳細表示

  • 婚姻・離婚届に必要なもの

    ○必要事項を記入した婚姻届・離婚届の用紙1通 ※必ず本人が自筆署名・押印してください。また、婚姻及び協議離婚の場合は証人欄に成年二人の署名・押印が必要です。○夫と妻の本籍地以外の役所に届出する場合は、戸籍謄本1通○窓口に来る方の本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート等)*外国人との婚姻の場合は、他に必要書類... 詳細表示

  • 勉強できる場所はありますか?

    2階に読書室があり、そこで勉強することができます。あくまでも基本は読書室ですので、PCの持ち込み等はご遠慮ください。《関連リンク》 図書館へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護保険の利用者負担の軽減

    介護保険施設に入所したとき、または短期入所(ショートステイ)を利用したときの食費、居住費は原則自己負担となりますが、一定の条件(市民税非課税世帯や生活保護受給者)を満たす場合は、申請により「介護保険負担限度額認定証」が交付され、利用者の負担が軽減されます。「介護負担限度額認定申請書」に必要事項を記入の上、市役所本... 詳細表示

269件中 21 - 30 件を表示