• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ライフイベント 』 内のFAQ

269件中 41 - 50 件を表示

5 / 27ページ
  • 地区体育振興会とは

    市内を11地区に分け、各地区で主体性を持ってスポーツ活動を行うために組織されたもので、自主的な地域スポーツ活動をしています。《関連リンク》 スポーツ課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 青少年相談室の業務

    ○相談活動 いじめ、親子関係、不登校、非行など青少年自身の悩みや、青少年が起こす問題行動で悩む保護者や教職員の相談を受け、指導助言やカウンセリングを通して問題解決の援助を行っています。 相談員スタッフ:相談員・スクールソーシャルワーカー・心理カウンセラー(臨床心理士)・スーパーバイザー(大学教授等) ヤ... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の手続き

    後期高齢者医療制度は「神奈川県後期高齢者医療広域連合」が運営しますが、 各種申請等に関わる窓口業務は市役所で行います。 【給付申請】 高額療養費、高額介護合算療養費、療養費(治療用装具など)、食事療養費、葬祭費など 【交付申請】 被保険者証(保険証)などの再交付、限度... 詳細表示

  • 苦情の申し出先・相談先

    介護保険サービスに関する苦情や相談については、事業者の苦情相談窓口、市介護保険課(046-260-5170)又は国民健康保険団体連合会(国保連合会045-329-3447)までご相談ください。 《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 児童扶養手当

    児童扶養手当は、父母の離婚・父もしくは母の死亡などによって、父又は母の一方からしか養育を受けられないひとり親家庭などの児童のために支給される手当です。支給金額は保護者の所得や児童数に応じて決まります。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護保険の転出時の手続き

    住所を移せば、新しい市区町村の被保険者となります。要介護認定を受けていた人は、転入の日から14日以内に転出先の市区町村に申請すると、大和市で受けていた要介護度を引き継ぐことができます。転出前に市役所本庁舎1階介護保険課窓口で要介護度を証明する書類(受給資格証明書)の発行を受けてください。ただし、転出先が介護保険施... 詳細表示

  • 定期予防接種

     大和市に住民登録のある方が対象です。ヒブ、小児用肺炎球菌、BCG、ポリオ、四種混合(ジフテリア・百日咳・破傷風・ポリオ)、二種混合(ジフテリア・破傷風)、麻しん風しん、日本脳炎などの種類があり、それぞれ対象年齢が決まっています。すべて協力医療機関での個別接種です。また、これらの予防接種は、大和市予防接種番号がな... 詳細表示

  • 準要保護児童・生徒に対する眼鏡購入費援助制度

    学校の健康診断などで片裸眼視力が0.6以下の方(既に視力を矯正している方については、片矯正視力が0.6以下の方)で、眼科医が眼鏡が必要と認めた方が対象です。学校での検眼結果(治ゆ勧告書)と、認印を教育委員会に持参し、「めがね交付申請書」を記入いただきますと「めがね注文書」「視力精密検査依頼書」を発行します。まず「... 詳細表示

  • 住宅改修制度

    要介護(要支援)認定を受けているかたは、住宅改修費の支給を申請することができます。事前申請が必要ですので、改修を行う前に、ケアマネジャー(要支援の方は地域包括支援センター)に相談し、必要書類をご用意のうえ、市役所本庁舎1階介護保険課窓口へ提出してください。必要書類は、大和市のホームページからダウンロードすることも... 詳細表示

  • 無収入の市県民税の申告

    はい、市県民税(住民税)の申告をしてください。所得税の確定申告とは違い、市県民税申告は税額を決定するだけでなく、市役所の各種手続きや行政サービスの基礎資料となります。申告がありませんと、保険料や負担金が適正に計算されないことや、各種申請ができないことなどがあります。ご本人にとっても不都合が生じることがありますので... 詳細表示

269件中 41 - 50 件を表示