• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ライフイベント 』 内のFAQ

269件中 41 - 50 件を表示

5 / 27ページ
  • 敬老祝品の内容について

    当該年度9月15日を基準日とし、88歳の方、90歳の方、95歳の方、99歳の方、100歳以上の方で1年以上本市に住民登録がある方(外国人の方含む。)に、毎年度9月に各地区の民生委員児童委員から敬老祝品(記念の品物)をお渡ししています。また、養護老人ホーム及び特別養護老人ホームに入所されている方には市長が施設を訪問... 詳細表示

  • 葬祭費の支給

    葬祭を行った場合は、葬祭費として喪主の方に5万円支給しています。 【申請に必要なもの】 (1)喪主の方の印鑑 (2)喪主の方の口座番号がわかるもの (3)会葬礼状もしくは喪主の方の名前の入った領収書 以上の3点です。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 児童扶養手当

    児童扶養手当は、父母の離婚・父もしくは母の死亡などによって、父又は母の一方からしか養育を受けられないひとり親家庭などの児童のために支給される手当です。支給金額は保護者の所得や児童数に応じて決まります。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 出産育児一時金の支給

    国保に加入している方が出産したときは、出産育児一時金が42万円が支給されます(死産・流産でも妊娠12週以上であれば支給されます)。ただし、社会保険から出産育児一時金が支給される場合(1年以上の加入期間があり(扶養ではない)、退職後6ヶ月以内に出産された場合)は、国民健康保険からは支給されません。 原則と... 詳細表示

  • 保育園臨時保育士の登録

    大和市保健福祉センター2階のほいく課に直接申し込みください。履歴書と保育士証をお持ちいただいて登録していただきます。臨時的任用職員が必要になりましたら、選考の上任用させていただきます。 《関連リンク》 ほいく課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の保険料

    保険料は、個人での支払いとなります。(世帯ごとではありません。) 所得割額と均等割額の合計となります。保険料の算定方法(平成30・31年度)は次のとおりです。 《(前年の総所得金額等)-33万円》×8.25%+41,600円=年間保険料額 例えば、厚生年金収入が300万円の方の場合、保険料は... 詳細表示

  • 出生届の出し方

    お子様の生まれた日を含めて14日以内に、提出してください。14日目が役所の閉庁日(休日・祝日)にあたるときは、翌開庁日までになります。【届出場所】父母の本籍地、届出人の所在地、子の出生地の市区町村のいずれか《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 市県民税の納付方法

    市県民税の納付方法は、給与からの差し引き(特別徴収)、自分で納付書(又は口座振替)にて納める方法(普通徴収)、公的年金からの差し引き(公的年金からの特別徴収)の3通りあります。特別徴収では、6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の毎月の給与から差し引いて納めていただきます。これは、お勤め先の経理の方などを... 詳細表示

  • 市県民税の還付

    所得税は確定申告をすることにより、前年中にあらかじめ給与からの差し引きなどで徴収されていた所得税が精算されて還付されることがありますが、市県民税は前年の収入に基づいて税額を計算し、翌年課税されますので、申告しても精算して還付するものがありません。ただし、一度課税され納付した市県民税の税額のもととなった収入や控除に... 詳細表示

  • 地区体育振興会とは

    市内を11地区に分け、各地区で主体性を持ってスポーツ活動を行うために組織されたもので、自主的な地域スポーツ活動をしています。《関連リンク》 スポーツ課へのお問い合わせ 詳細表示

269件中 41 - 50 件を表示