• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 ライフイベント 』 内のFAQ

269件中 51 - 60 件を表示

6 / 27ページ
  • 小学校・中学校の介助員(特別支援教育ヘルパー)の仕事

    市内の小学校・中学校に在籍する教育上配慮を要する児童・生徒に、車いすでの移動の補助、集団生活に入るための援助、食事やトイレの援助など、教育的ニーズに応じた個別の支援をしています。介助員(特別支援教育ヘルパー)は、各小学校・中学校の児童・生徒の状況により配置されています。《関連リンク》 指導室へのお問い合わせ 詳細表示

  • 子どもの育児相談

    妊娠中の体調等の悩みから、子どもにどうやって接すればいいのかなど子育ての悩みまで、何でも相談を受け付けます。 「子育て何でも相談・応援センター 046-260-5675」 《関連リンク》 すくすく子育て課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 生涯学習センターの利用

     市内各学習センターは、原則として登録を受けた方(団体)に部屋をお貸ししています。初めてご利用になられる場合は、市内に5館ある学習センター窓口で登録の申請を行ってください。約2週間で「団体ID」と「パスワード」を発行します。団体の性質により、提出書類が異なりますので、必ず事前にご利用を希望される学習センターに... 詳細表示

  • 死亡に伴う手続き

    こちらのページをご覧ください。 大和市役所ホームページ おくやみ 《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 青少年相談室の業務

    ○相談活動 いじめ、親子関係、不登校、非行など青少年自身の悩みや、青少年が起こす問題行動で悩む保護者や教職員の相談を受け、指導助言やカウンセリングを通して問題解決の援助を行っています。 相談員スタッフ:相談員・スクールソーシャルワーカー・心理カウンセラー(臨床心理士)・スーパーバイザー(大学教授等) ヤ... 詳細表示

  • 準要保護児童・生徒に対する眼鏡購入費援助制度

    学校の健康診断などで片裸眼視力が0.6以下の方(既に視力を矯正している方については、片矯正視力が0.6以下の方)で、眼科医が眼鏡が必要と認めた方が対象です。学校での検眼結果(治ゆ勧告書)と、認印を教育委員会に持参し、「めがね交付申請書」を記入いただきますと「めがね注文書」「視力精密検査依頼書」を発行します。まず「... 詳細表示

  • ひとり親家庭等医療費助成制度について

    ひとり親家庭等医療費助成制度は、ひとり親家庭等の生活の安定と自立を支援するため、病気やけがなどで医療機関にかかったときに、保険診療で支払う医療費の自己負担額を助成し、ひとり親家庭等の福祉の増進を図ることを目的としています。 【対象となる方】 (1)母子家庭の母子 (2)父子家庭の父子 (3)ひとり親家庭に... 詳細表示

  • 保育所等入所申し込みの窓口

    住民票がある市区町村でしていただきます。 大和市にお住まいの場合は、大和市保健福祉センターの窓口へお申し込みください。 郵送でのお申し込みはできません。 大和市外にお住まいの場合は、お住まいの市区町村へお申込みください。 なお、大和市外に住民票があって、大和市の... 詳細表示

  • 新制度の幼稚園・認可保育所・認定こども園の保育料

    利用者負担額は、お子さんの認定区分、世帯にかかる市民税額、お子さんの年齢、保育の必要量、兄姉の状況等によって大和市が設定した階層区分に応じて決定します。 ※4~8月分までは前年度の市民税額を基に、9~翌年3月分以降は現年度の市民税額を基に決定します。 ただし、保育料の算定の際には、所得割額に税額控... 詳細表示

  • 要支援と要介護のサービスの違い

    要支援で受けられるサービスは、介護予防を目的としているため、要介護で受けられるサービス種類のうち、原則として次のサービスを受けることができません。1.施設サービス2. 地域密着型サービスのうち、夜間対応型訪問介護、認知症対応型共同生活介護(要支援1のみ、要支援2の方は受けることができます。)、定期巡回・随時対応型... 詳細表示

269件中 51 - 60 件を表示