• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 就職・退職・仕事 』 内のFAQ

29件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • 無収入の市県民税の申告

    はい、市県民税(住民税)の申告をしてください。所得税の確定申告とは違い、市県民税申告は税額を決定するだけでなく、市役所の各種手続きや行政サービスの基礎資料となります。申告がありませんと、保険料や負担金が適正に計算されないことや、各種申請ができないことなどがあります。ご本人にとっても不都合が生じることがありますので... 詳細表示

    • No:219
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 60歳を過ぎてからの国民年金

     60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合等に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。  ただし、さかのぼって加入することはできません。 1.... 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 11:24
  • 配偶者の扶養に入った時の国民年金

    配偶者が厚生年金または共済組合の加入者の場合は、国民年金第3号被保険者の届出が必要です。手続きは配偶者の勤務先をとおして行ないます。(市役所ではできません。)《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:923
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 退職後の市県民税

    はい。市県民税は前年1年間の所得を基に課税される税金なので、退職しても前年に所得があれば、市県民税を納めていただくことになります。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:229
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 放課後児童クラブのスタッフになるには

    月額報酬非常勤特別職にあたる支援員と、時給でお支払いする補助支援員、夏休み期間だけ働いていただく夏休み補助支援員があります。詳しくは青少年センターまで問い合わせてください。 履歴書持参の上、面接を行い、採用・非採用を決定します。幼稚園・小学校などの教員免許、保育士などの資格を有する方、またはこれに準じ児童の健全... 詳細表示

    • No:128
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/21 17:19
  • ねんきん定期便についての問い合わせ

    ■「ねんきん定期便」「ねんきんネット」「ねんきん特別便」及び「厚生年金加入記録のお知らせ」に関するお問い合わせ 「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」 0570-058-555(ナビダイヤル) 050で始まる電話でおかけになる場合は、 (東京)03-6700-1144(一般電話) ... 詳細表示

    • No:925
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 11:31
  • 就職した時の国民年金

    勤め先で厚生年金に加入した場合は、市役所での手続きは必要ありません。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 国民年金の加入

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入して保険料を納める義務があります。自営業者、学生などは第1号保険者に、サラリーマン・公務員は第2号保険者に、第2号保険者に扶養されている配偶者は第3号保険者になります。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:914
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 勤労者住宅資金利子補給制度

    勤労者の方が大和市内に自己の居住する住宅を取得又は増改築するために、中央労働金庫から住宅資金の融資を受けた場合に、その返済金に係る利子額の一部を補助する制度です。※本制度は平成23年度で終了しました。 《関連リンク》 産業活性課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/09/19 09:07
  • 退職後に送付されてきた市県民税の納付書

    給与所得者は通常、市県民税を6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の毎月の給与から差し引いて納めること(特別徴収)となっています。年の途中で退職等により給与の支払いを受けなくなった場合は、その翌月以降の市県民税を差し引くことができなくなりますので、残額はご自分で納付書(又は口座振替)にて納付する方法(普通... 詳細表示

    • No:228
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

29件中 11 - 20 件を表示