• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 就職・退職・仕事 』 内のFAQ

29件中 11 - 20 件を表示

2 / 3ページ
  • 市県民税の還付

    所得税は、前年中において支払いを受けた給与等から所得税が源泉徴収されていた場合に、確定申告をすることにより還付金が発生することがあります。 これと異なって、市県民税は前年の所得を基に、その翌年度に課税、納税となる(例えば令和3年度の市県民税は、令和2年中の所得をもとに、令和3年度に課税、納税となります。)も... 詳細表示

    • No:216
    • 公開日時:2021/10/05 00:00
  • 国民年金保険料の納付方法

     国民年金の保険料は、全国の銀行、農協、漁協、信用組合、信用金庫及び郵便局で納めることができるほか、コンビニエンスストアやインターネットなどを利用して納めることができます。  金融機関やコンビニエンスストアで納めるときは、日本年金機構から送られてくる「納付書(国民年金保険料納付案内書)」を使って、納めてください... 詳細表示

    • No:916
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 10:28
  • 国民年金の電話相談

    年金について電話での問合せ先は、 ■日本年金機構相模原年金事務所へのお問い合わせ  042‐745‐8101 受付時間: 月曜日 午前8時30分~午後7時00分 火曜~金曜日 午前8時30分~午後5時15分 第2土曜日 午前9時30分~午後4時00分 ※月... 詳細表示

    • No:922
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/12 11:36
  • 学生の国民年金

     日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。  学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校及び各... 詳細表示

    • No:917
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/18 14:46
  • 勤労者住宅資金利子補給制度

    勤労者の方が大和市内に自己の居住する住宅を取得又は増改築するために、中央労働金庫から住宅資金の融資を受けた場合に、その返済金に係る利子額の一部を補助する制度です。※本制度は平成23年度で終了しました。 《関連リンク》 産業活性課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:532
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/09/19 09:07
  • 放課後児童クラブのスタッフになるには

    月額報酬非常勤特別職にあたる支援員と、時給でお支払いする補助支援員、夏休み期間だけ働いていただく夏休み補助支援員があります。詳しくは青少年センターまで問い合わせてください。 履歴書持参の上、面接を行い、採用・非採用を決定します。幼稚園・小学校などの教員免許、保育士などの資格を有する方、またはこれに準じ児童の健全... 詳細表示

    • No:128
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/21 17:19
  • 市県民税の給与からの天引き

    会社にお勤めで給与支払を受けている方は、前年の所得を基に課税された市県民税が勤務先の6月から翌年5月までの毎月の給与から天引き(特別徴収)されます。 退職等により年の途中で給与の支払いを受けなくなった場合は、その給与の支払いを受けなくなった翌月分以降の市県民税を天引きすることができなくなりますので、天引きす... 詳細表示

    • No:217
    • 公開日時:2021/10/05 00:00
  • サラリーマンと申告

    会社勤めのサラリーマンの方については、原則として、勤務先から支払った給与の額等が市役所に報告されますので、ご自身で申告する必要はありません。(参考までに、勤務先から市役所に報告される給与の額等は、勤務先から交付される給与所得の源泉徴収票に記載されている額等と同じです。) ただし、勤務先から市役所に報告がない場合... 詳細表示

    • No:202
    • 公開日時:2021/09/17 00:00
  • 60歳を過ぎてからの国民年金

     60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合等に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。  ただし、さかのぼって加入することはできません。 1.... 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 11:24
  • 中小企業退職金共済掛金補助金制度

    従業員の退職金を確保するため、国が実施する「中小企業退職金共済制度」と、商工会議所が実施する「特定退職金共済制度」に加入している事業主に対して、新規加入から3年間共済掛金の一部を補助する制度です。前年度にお支払いになった掛金について、毎年6月に補助申請を受付けます。【問い合わせ先】 産業振興課工業勤労担当(電話:... 詳細表示

    • No:537
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

29件中 11 - 20 件を表示