• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 緊急・防犯・相談

くらしのガイド 緊急・防犯・相談

『 くらしのガイド 緊急・防犯・相談 』 内のFAQ

111件中 11 - 20 件を表示

2 / 12ページ
  • 防災講習会について

    危機管理課では、講義形式の講座を受付しています。日時、内容等については、事前にご相談ください。なお、救命講習については、消防本部救急救命課(電話 260-5751)、消火器の扱いや煙体験については、消防署管理課(電話 260-5779)にお問合せください。《関連リンク》 危機管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 外国人向け生活ガイドブック

    英語・スペイン語版があります。必要な方は広聴相談課にご連絡ください。《関連リンク》 国際・男女共同参画課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 防犯灯の設置

     防犯灯の設置要望については、地域の自治会が取りまとめていますので、自治会長など自治会役員の方にご要望をお伝えください。 自治会からの要望を大和市自治会連絡協議会(自治連)が取りまとめ、市へ一括して新設要望を提出します。  自治会に加入されていない方は、生活あんしん課にご相談ください。  市... 詳細表示

  • 不登校児童生徒の相談

    大和市教育委員会青少年相談室の不登校相談電話をご利用ください。相談員が電話相談に応じます。 電話260-5034  9:30~16:30(月~金)祝祭日は除く 電話による相談だけでは充分でないときは、来室相談をしていただきます。来室相談では、定期的な面接や心理カウンセラー(臨床心理士)による相談にも応じていま... 詳細表示

  • 住宅用火災警報器の設置義務

    新築住宅は、既に平成18年6月1日から設置が義務付けられています。既存住宅は、大和市火災予防条例で平成23年6月1日から設置が義務付けられます。《関連リンク》 予防課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 青少年に関する相談

    相談の対象は、概ね30歳未満の青少年ですが、青少年の問題に関しては、その家族、学校の先生、地域の住民の方からの相談もお受けしています。 ①電話相談 相談内容が比較的軽易なものについては、電話での助言を行います。電話番号は以下のとおりです。 ◇ヤングテレホン260-5040(子どもが自分や友達のことで相談する電... 詳細表示

  • 災害時の飲料水について

    大和配水池(泉の森内):11,000トン、耐震性飲料水貯水槽(市内11箇所):1,100トン、公共受水槽:1,050トンの飲料水を確保しています。このほか、災害時応援協定により供給を受けられるようにしています。生命を維持するためには、1人あたり最低3リットル/日が必要といわれており、南関東地震が発生した場合の水道... 詳細表示

  • 一般相談

    市民相談課では、日常生活の中で困ったことの相談を、市民相談員がお受けしています。 【相談日時】 月曜日~金曜日(祝祭日及び年末年始を除く):9時00分~12時00分、13時00分~17時00分 【相談方法】 電話(046-260-5104)または来所(市役所1階市民相談課) 《関連リンク... 詳細表示

  • 消火器の斡旋・販売

    公的機関の職員が訪問し、住宅用火災警報器を販売することはありません。「おかしいな・・」と思ったら消防本部までお問い合わせください。【問い合わせ先】消防本部予防課(電話:046-260-5778)【問い合わせ時間】年末年始・土曜・日曜・祝祭日以外の9:00~11:30、13:00~16:00《関連リンク》 予... 詳細表示

  • 通夜・葬式・告別式ができる場所

     大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の4市で組織する広域大和斎場組合が運営する大和斎場があります。詳しくは参考「大和斎場ホームページ」をご覧ください。 《関連リンク》 健康づくり推進課へのお問い合わせ 大和斎場ホームページ 詳細表示

111件中 11 - 20 件を表示