• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 緊急・防犯・相談

くらしのガイド 緊急・防犯・相談

『 くらしのガイド 緊急・防犯・相談 』 内のFAQ

111件中 11 - 20 件を表示

2 / 12ページ
  • 献血ができる場所

     市内における献血の予定は、広報やまとに掲載するほか、健康づくり推進課(☎046-260-5661)までお問い合わせください。  献血ルームの場所や受付時間等は、下記神奈川県赤十字血液センターのホームページを参考にしてください。 《関連リンク》 献血について 神奈川県赤十字血液センター 健康づくり推... 詳細表示

  • 災害時の備蓄品について

    避難生活に必要となる資機材、生活用品等の内、個人の家庭では備蓄することが困難なもの(発電機、投光器、毛布、仮設トイレ、非常食等)を中心に備蓄しています。これらのほかに必要とされるものは、関係機関や各種業者等と締結している応援協定により確保します。《関連リンク》 危機管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 不登校児童生徒の相談

    大和市教育委員会青少年相談室の不登校相談電話をご利用ください。相談員が電話相談に応じます。 電話260-5034  9:30~16:30(月~金)祝祭日は除く 電話による相談だけでは充分でないときは、来室相談をしていただきます。来室相談では、定期的な面接や心理カウンセラー(臨床心理士)による相談にも応じていま... 詳細表示

  • 防災講習会について

    危機管理課では、講義形式の講座を受付しています。日時、内容等については、事前にご相談ください。なお、救命講習については、消防本部救急救命課(電話 260-5751)、消火器の扱いや煙体験については、消防署管理課(電話 260-5779)にお問合せください。《関連リンク》 危機管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 住宅の耐震改修工事費の補助制度

    「木造住宅耐震改修工事費等補助金制度」があります。補助対象となる住宅は、1 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、兼用住宅、長屋又は共同住宅で、2 木造(在来軸組み工法)2階建以下のもので、耐震診断の結果、総合評点1.0未満に該当するもので、3 建ぺい率・容積率の規定に適合している、又は補強工事に伴っ... 詳細表示

  • 大和市の風水害対策について

    気象庁から大雨洪水警報が発表されたり、台風が接近した場合に、市に与える影響を考慮したうえで、関係部署の職員を非常召集し、情報収集及び市内の河川流域や急傾斜地を中心としたパトロールを行います。万一、河川の氾濫や急傾斜地の崩壊の危険性を察知したときには、現場周辺にお住まいの方へ避難勧告を発するとともに、直ちに避難所を... 詳細表示

  • 災害時のボランティア体制について

    地震等の大規模災害が発生した際に被災者・被災地に対し迅速な支援(復旧活動)を行うため、災害救援ボランティアセンターを設置します。本市では、「大和市民活動センター(電話260-2586)」や「大和市社会福祉協議会のボランティアセンター(電話260-5643)」で災害ボランティアの事前登録を受付けています。《関連リン... 詳細表示

  • 近所の騒音

    生活騒音は、生活する上で出る音ですからなくすことはできません。また、生活騒音を規制することは、個人の生活を規制することにつながりますので、法律などの規制の対象にはなりません。なお、犬の鳴き声については大和保健福祉事務所(電話:046-261-2948)で、飼い主に対して飼い方の指導を行っていますので、ご相談くださ... 詳細表示

  • 防犯灯の設置

     防犯灯の設置要望については、地域の自治会が取りまとめていますので、自治会長など自治会役員の方にご要望をお伝えください。 自治会からの要望を大和市自治会連絡協議会(自治連)が取りまとめ、市へ一括して新設要望を提出します。  自治会に加入されていない方は、生活あんしん課にご相談ください。  市... 詳細表示

  • 応急手当普及員講習会

    応急手当普及員講習会は、三日間で行います。1日目 上級救命講習の内容    救命講習会の流れを理解するためです。2日目 指導技法の講義    救命に必要な知識や技術を習得するための講義と訓練を行います。3日目 効果測定    知識、技術、指導技法について筆記や実技試験を行います。 詳細表示

111件中 11 - 20 件を表示