• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 緊急・防犯・相談

くらしのガイド 緊急・防犯・相談

『 くらしのガイド 緊急・防犯・相談 』 内のFAQ

111件中 41 - 50 件を表示

5 / 12ページ
  • 市民相談

    市民相談課では、市民のみなさまへ各種相談をおこなっていますので、お問い合わせください。 内容をお伺いしたうえで、適切な窓口をご案内します。 【相談日時】 月曜日~金曜日(祝祭日及び年末年始を除く):9時00分~12時00分、13時00分~17時00分 【相談方法】 電話(046-260-51... 詳細表示

  • 翻訳・通訳のボランティアの紹介

    大和市国際化協会へお問い合わせください。         電話046(260)5126 《関連リンク》 国際・男女共同参画課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 住宅の耐震診断費の補助制度

    「木造住宅の耐震診断費補助制度」があります。補助対象となる住宅は、1 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、兼用住宅、長屋又は共同住宅で、2 木造(在来工法)2階建以下のものです。補助対象となる診断は、本事業について事業者登録を行った者が行う一般耐震診断又は精密耐震診断です。補助金額は、6万3千円を上... 詳細表示

  • 建築等に係る相談

    原則的には、民事上の問題として事業主と直接お話ししていただくことになります。20年7月からは、中高層建築物などが建てられる際に、建築計画や生活環境への影響(日照・通風・採光の阻害・工事中の騒音、振動・電波障害)などについて、事業主との話し合いについてルールを定めた「大和市開発事業の手続及び基準に関する条例」が施行... 詳細表示

  • 落ち葉や家庭ごみの自宅での焼却

    屋外燃焼行為は法令等で規制されています。物を燃やすと、必ず煙や臭いが出て、ご近所に迷惑がかかることがあります。またビニールやプラスチック系の物を燃やすと、有害物質が煙となって大気を汚す原因になります。家庭などのごみは燃やさないで、指定された日に分別して出してください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い... 詳細表示

  • くん蒸剤の使用

    たき火など、火災とまぎらわしい煙又は、火炎を発する場合は、大和市火災予防条例第45条により、あらかじめ届出が必要になります。 【届出先】 ・消防署本署(電話:046-261-1119) ・北分署 (電話:046-272-0119) ・南分署 (電話:046-268-0119) ... 詳細表示

    • No:471
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/14 08:10
    • カテゴリー: 消防・救急  ,  消防署
  • 消防訓練の実施

    ・事業所が計画する消防訓練に関する窓口は、消防本部予防課になります。・自主防災組織が計画する訓練や、マンションの管理組合が計画する訓練に関する窓口は、最寄の消防署若しくは消防署管理課になります。※ それぞれ訓練実施予定日のおおむね六週間前までに相談して下さい。※ 訓練実施予定日が集中した場合は、ご希望に添えない場... 詳細表示

  • 消火栓標識が倒れています

    消火栓標識が倒されている場合は、消防本部警防課または消防署で撤去します。詳しいことは、消防本部警防課までお問い合わせください。 消防本部警防課 046-260-5776 問い合わせ時間 年末年始・土曜・日曜・祝祭日以外の8:30~12:15、13:00~17:15《関連リンク》 警防課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 消火栓から水が溢れています

    消防本部に場所と状況を連絡して下さい。 消防本部指令課 046-261-1119《関連リンク》 警防課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 消火栓の移設

    消火栓の移設は出来ません。詳しいことは、消防本部警防課までお問い合わせください。 消防本部警防課  046-260-5776問い合わせ時間 年末年始・土曜・日曜・祝祭日以外の8:30~12:15、13:00~17:15《関連リンク》 警防課へのお問い合わせ 詳細表示

111件中 41 - 50 件を表示