• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 緊急・防犯・相談

くらしのガイド 緊急・防犯・相談

『 くらしのガイド 緊急・防犯・相談 』 内のFAQ

112件中 1 - 10 件を表示

1 / 12ページ
  • 大和市のハザードマップについて

    市内2河川(境川、引地川)周辺の浸水想定区域を盛り込み、ハザードマップとしての機能をもたせた「大和市防災マップ」を作成し、平成29年2月から配布しております。 また、市内の災害履歴をお知りになりたい場合は、危機管理課(電話260-5777)までお問合せください。 災害履歴は、1966年以降、大和市役所に届け出... 詳細表示

  • 防災行政無線の数

    音声伝達のバランス等を考慮し、市内89箇所にスピーカーのついた無線の柱(子局:こきょくと言います)を配置しています。《関連リンク》 危機管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 災害時のボランティア体制について

    地震等の大規模災害が発生した際に被災者・被災地に対し迅速な支援(復旧活動)を行うため、災害救援ボランティアセンターを設置します。本市では、「大和市民活動センター(電話260-2586)」や「大和市社会福祉協議会のボランティアセンター(電話260-5643)」で災害ボランティアの事前登録を受付けています。《関連リン... 詳細表示

  • 近所の騒音

    生活騒音は、生活する上で出る音ですからなくすことはできません。また、生活騒音を規制することは、個人の生活を規制することにつながりますので、法律などの規制の対象にはなりません。なお、犬の鳴き声については大和保健福祉事務所(電話:046-261-2948)で、飼い主に対して飼い方の指導を行っていますので、ご相談くださ... 詳細表示

  • 地震の予知について

    現在、唯一予知が可能と言われているのは、静岡県駿河湾を震源域とする「東海地震」です。気象庁がひずみ計、傾斜計等の観測機器を設置し、そのデータが前兆現象を捉えた際に、「調査情報」、「注意情報」、「予知情報(警戒宣言)」として、市民の皆様に伝えられます。 なお、「東海地震」であっても必ずしも予知できるものではなく、... 詳細表示

  • 航空機騒音に対する国の問い合わせ先

    外務省北米局日米地位協定室 03-3580-3311(代表) 防衛省 03-5366-3111(代表) 防衛省南関東防衛局 045-211-7102 防衛省南関東防衛局座間防衛事務所 046-261-4332 在日米海軍厚木航空施設 0467-78-2664 海上自衛隊厚木航空基... 詳細表示

  • 青少年相談室の業務

    ○相談活動非行、いじめ、親子関係、不登校など青少年自身の悩みや、青少年が起こす問題行動で悩む保護者や教職員の相談を受け、指導助言やカウンセリングを通して問題解決の援助を行っています。相談員スタッフ 教育相談員・心理カウンセラー(臨床心理士)・スーパーバイザー(大学教授)等ヤングテレホン260-5040      ... 詳細表示

  • 災害時の避難施設(場所)について

    地震などの大規模災害が発生し、避難が必要となった場合の避難施設(場所)は次のとおりです。①一時避難場所(お住まいの地区の自治会(自主防災組織)が指定) 災害の発生により、取りあえず避難して災害の状況を判断し、正しい情報を得るとともに、初期消火や救出救護等、地域の自主的な防災活動を行う場所。②広域避難場所(市が指定... 詳細表示

  • 市民相談

    市民相談課では、各種相談をおこなっていますので、お問い合わせください。内容をお伺いしたうえで、適切な窓口をご案内します。 【相談日時】 月曜日~金曜日(祝祭日及び年末年始を除く):9時00分~12時00分、13時00分~17時00分 【相談方法】 電話(046-260-5104)または来所(市役所1階市民相談... 詳細表示

    • No:863
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/14 10:29
    • カテゴリー: 相談  ,  市民相談課
  • 防災講習会について

    危機管理課では、講義形式の講座を受付しています。日時、内容等については、事前にご相談ください。なお、救命講習については、消防本部救急救命課(電話 260-5751)、消火器の扱いや煙体験については、消防署管理課(電話 260-5779)にお問合せください。《関連リンク》 危機管理課へのお問い合わせ 詳細表示

112件中 1 - 10 件を表示