• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 生活・環境

『 くらしのガイド 生活・環境 』 内のFAQ

215件中 201 - 210 件を表示

21 / 22ページ
  • 土壌汚染とは

    土壌が重金属などの有害物質により汚染されることです。汚染された土壌を直接摂取したり、汚染された地下水を飲用すること等により人の健康に影響を及ぼすおそれがあります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までお問い合わせください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 一般家庭からの煙

    一般家庭での屋外燃焼行為については、法令等で「みだりに燃焼してはならない」ことになっています。現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号等と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 事業所からの煙

    屋外燃焼行為は法令等で規制されています。現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 建設現場からの悪臭

    建設現場に対する臭いの規制はありませんが、現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 光化学スモッグの被害が発生したとき

    屋外での運動は中止し、うがいや洗眼をして、室内で休みましょう。風向きを考慮し、窓を閉めるなど外の空気が入らないようにしましょう。症状が速やかに改善されないときは医師の手当てを受けてください。また、被害状況等を生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へ... 詳細表示

  • 例月まち並み清掃

    【多量のごみ(自治会や団体など)】透明、半透明の袋を使用してください。ごみの集積場所等は事前に生活環境保全課(電話 046-260-5498))までご連絡ください。【少量のごみ】市が配布するボランティア袋を使用してください。集めたごみはいったん持ち帰って通常のごみ収集日に出してください。《関連リンク》 生活... 詳細表示

  • 転出証明書の郵送交付

    転出届は郵送で手続きできます。次のものを郵送してください。【必要なもの】(1)届出書(便箋等に次の必要事項を記入してください)・届出人の氏名・押印・電話番号(日中連絡の取れる電話番号)・請求日(届出書を記入した日) ・異動日(新住所に住み始める日)・新住所、新世帯主(引越し先での状況)・旧住所、旧世帯主(大和市で... 詳細表示

  • 排水設備の工事費は誰が負担?

    市の管理は公共ますまでで、排水設備は個人の施設となりますので、市は工事費を負担しません。《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 家庭の排水設備の管理者

    家屋の所有者となりますので、個人で排水設備を管理することとなります。したがって排水設備のつまり等は個人で指定工事店に頼んで対応してください。《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金の猶予

    地目が田畑・山林で、当面下水道の利用のない土地について、負担金の徴収を猶予することができます。 猶予できる対象の土地に受益者負担金を賦課する際には、「猶予(減免)申請書」を送付いたしますので受益者負担金の猶予をご希望される場合、「猶予(減免)申請書」に必要事項をご記入・ご捺印の上、ご提出ください。ただし、のちに... 詳細表示

215件中 201 - 210 件を表示