• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 生活・環境

くらしのガイド 生活・環境

『 くらしのガイド 生活・環境 』 内のFAQ

219件中 1 - 10 件を表示

1 / 22ページ
  • 航空機の飛行時間帯

    日本政府とアメリカ政府との間における合意では、「2200時から0600時まで間、厚木海軍飛行場におけるすべての活動(飛行及びグランド・ラン・アップ)は、運用上の必要に応じ、及び合衆国軍の態勢を保持する上に緊要と認められる場合を除き、禁止される。訓練飛行は、日曜日には最小限にとどめる」とされています。飛行計画などに... 詳細表示

  • 航空機騒音の発生期間

    米海軍空母艦載機の厚木基地への飛来は、横須賀を事実上の母港とする空母の動向に左右されます。 通常、空母が横須賀に入港する数日前になるとその艦載機は厚木基地に飛来し、空母が横須賀を出港した後、洋上の空母に着艦します。したがって、空母が航海のため横須賀を出港してしばらくすると、たいてい厚木基地の空母艦載機も... 詳細表示

  • 建築基準法における最低敷地面積、外壁後退の取扱い

    建築基準法第53条の2による最低敷地面積及び第54条による外壁後退は定めていません。ただし、以下の区域においては、規定のある場合があります。建築協定区域内については建築指導課、地区計画区域内については都市総務課、開発区域内等については開発審査課で、それぞれ確認をしてください。《関連リンク》 建築指導課へのお... 詳細表示

  • リサイクル自転車の購入

     2か月経っても引き取り手のない自転車のうち、再生可能な自転車はリサイクル自転車として再販売を行います。  リサイクル自転車は、資格を持った技術者が点検・整備を行った後、自転車商組合に加入している自転車販売店で取り扱っています。 販売価格の上限は9,000円となっていますが、販売価格は個々に異なります。 また、必... 詳細表示

  • 航空機騒音の影響(大和市への転入に際して)

    航空機騒音の感じ方は人によって異なることから、市内のどこであれ、騒音被害の大小を一概に申し上げることは難しいと考えています。市では、騒音被害は市内全域に及んでいるとの立場で騒音被害の解消に向けて取り組みを進めています。《関連リンク》 基地対策課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 建築基準法における道路の角地の建ペイ率緩和

    次の場合、建ペイ率を10%緩和します。幅員がそれぞれ4メートル以上の2以上の道路に接し、敷地境界線の10分の3以上が道路に接する敷地(ただし、2の道路の角にある敷地で、それらの道路の幅員の和が10メートル未満の場合は、道路が敷地をはさむ角を頂点とする長さ2メートルの底辺を有する2等辺三角形のすみ切り部分の敷地を道... 詳細表示

  • 航空機騒音問題

    厚木基地は海上自衛隊と米海軍が共同で使用している基地であり、それぞれの航空機の離着陸などに伴う騒音により周辺住民は被害を受けています。厚木基地の航空機騒音のなかでもとりわけ深刻なのが、米海軍の空母艦載機によるものです。 米海軍は、日米安全保障条約に基づき日本に駐留していますが、横須賀を事実上の母港とする... 詳細表示

  • 放置自転車等の回収依頼

    放置禁止区域外のご自宅の近くの道路上など公共の場所に、所有者の分からない自転車等が放置されている場合は、まず警察署へご連絡ください。盗難届が出されている場合は、警察署で対応します。盗難届が出されていない場合は、市役所道路安全対策課までご連絡ください。(電話 046-260-5118・月~金 午前8時30分~午後5... 詳細表示

  • 転出届

    本人(引越しをした人)、世帯主又は代理人が転出届をしてください。実際に新住所に住み始める14日前、または、新住所に住み始めてから14日以内に手続きをしてください。転出届をすると、転出証明書が発行されます。その証明書を持って新しくお住まいになる市区町村で転入届をしてください。※代理人が転出届をする際は、本人直筆の委... 詳細表示

  • 住宅防音工事の対象区域

    住宅防音工事の対象区域は、南関東防衛局もしくは市内にある座間防衛事務所で確認することができます。お電話によるお問い合わせも可能です。 【問い合わせ先】 ・南関東防衛局 企画部 住宅防音第1課、住宅防音第2課 (電話 045-211-7113) ・南関東防衛局 座間防衛事務所(電話046-26... 詳細表示

219件中 1 - 10 件を表示