• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 住宅 』 内のFAQ

67件中 11 - 20 件を表示

2 / 7ページ
  • 建築基準法における道路の角地の建ペイ率緩和

    次の場合、建ペイ率を10%緩和します。幅員がそれぞれ4メートル以上の2以上の道路に接し、敷地境界線の10分の3以上が道路に接する敷地(ただし、2の道路の角にある敷地で、それらの道路の幅員の和が10メートル未満の場合は、道路が敷地をはさむ角を頂点とする長さ2メートルの底辺を有する2等辺三角形のすみ切り部分の敷地を道... 詳細表示

    • No:786
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 建築基準法の道路性格(定義)

    建築基準法では、建築物の敷地が「道路」に2m以上接していないと建築物を建てられません。この「道路」とは、次の建築基準法第42条第1項各号による幅員4m以上のものです。・道路法による道路(第1項第1号)・開発により築造された道路(第1項第2号)・法律適用時に既に存在した道路(第1項第3号)・2年以内に都市計画事業等... 詳細表示

    • No:787
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 住宅防音工事の助成制度

    住宅防音工事助成は、防衛省が実施している事業で、基地周辺の住宅で一定の要件を満たす家屋の防音工事に対して助成される制度です。詳しくは、南関東防衛局にお問い合わせください。 【問い合わせ先】 南関東防衛局 企画部 住宅防音第1課、住宅防音第2課 (電話 045-211-7113) 《関連リンク》... 詳細表示

    • No:986
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/14 11:04
  • 下水道使用料の減免

    次の方を対象に下水道使用料を減免しています。(1)生活保護世帯(申請は必要ありません。)(2)生活保護に準じる世帯同居の方すべてが非課税で、現在生活に困窮されている方(詳しくはお問い合わせください。)(3)中国残留邦人等の円滑な帰国の促進及び永住帰国後の自立支援に関する法律(平成6年法律第30号)の規定による支援... 詳細表示

    • No:990
    • 公開日時:2019/04/01 09:00
  • 住所変更の受付窓口・時間

    【受付場所・日時】 ・市役所本庁舎1階市民課  平 日 8:30 ~ 17:00  土曜日 8:30 ~ 17:00  (日・祝日は除きます) ・中央林間分室(最寄駅 東急田園都市線 中央林間駅 中央林間東急スクエア3F)  平日 10:00 ~ 18:30  (土・... 詳細表示

    • No:593
    • 公開日時:2018/04/02 00:00
  • 地区計画

    現在、大和市では以下の9地区で地区計画が定められています。・南林間駅西地区・神明若宮地区・渋谷南部地区・渋谷北部地区・千本桜地区・大和駅東側第4地区・下鶴間高木地区・下鶴間山谷北地区・つきみ野6丁目地区地区計画の区域での建築行為等には、原則届出が必要です。詳しくは、街づくり計画課 都市計画担当のページをご覧下さい... 詳細表示

    • No:825
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 都市計画道路の区域の確認

    街づくり計画課窓口でご確認下さい。街づくり計画課 都市計画担当電話:046-260-5443《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:820
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 位置指定道路

    土地を建築物の敷地として利用するため、建築基準法施行令第144条の4に定められた基準により築造され特定行政庁(建築指導課)からその位置の指定を受けた私道で、建築基準法第42条第1項第5号による道路です。《関連リンク》 建築指導課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:770
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 用途地域の線引き指導

    用途地域の境界線の明示を希望される場合は、土地の正確な位置・形状が確認できるよう、次の内容が示された測量図を、街づくり計画課 都市計画担当の窓口までお持ち下さい。・道路境界杭(官民境界の石杭・金属プレート等)・敷地が接する部分に杭が無い場合は、最寄りの杭から敷地境界までの距離を明示・位置指定道路に面している場合は... 詳細表示

    • No:823
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 建築基準法における小屋裏等に物置を造る場合の取扱い

    小屋裏物置の最高の内法高さが1.4m以下かつ水平投影面積がその物置のある部分の階の床面積の1/2未満であれば、階としては取り扱わず、その部分は床面積にも算入しません。小屋裏物置に設けられる開口部は、換気等の目的で小屋裏物置の床面積の1/20以下とします。※小屋裏物置は、小屋裏、天井裏の建築物の余剰空間を利用するも... 詳細表示

    • No:784
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

67件中 11 - 20 件を表示