• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 住宅 』 内のFAQ

67件中 1 - 10 件を表示

1 / 7ページ
  • 開発許可申請手数料納付方法

    許可申請時に街づくり計画課にて、現金で納付してください。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:773
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 開発登録簿の閲覧・写しの方法

    開発登録簿は、街づくり計画課でどなたでも無料で閲覧できます。また、写しが必要な場合には、1枚470円で交付できます。受付時間は、午後5時までです。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:778
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 市街化調整区域内の農地における農業用倉庫の建築手続き

    農家(耕作面積が10a以上の農家)が農機具の収納などに利用する農業用倉庫を建てるには、立地を認められる場合があります。可否については個別の判断となりますので、街づくり計画課に必ずご相談ください。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:805
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 代理人による住所変更

    住所変更の手続きを代理人が行うことは可能です。【必要なもの】・委任状(本人直筆によるもの)・代理人の本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:612
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 転入から14日以上経過した転出証明書

    有効です。ただし、なるべく早くお住まいの市区町村の窓口で、転入手続きをしてください。その時は、必ず転出証明書をお持ちください。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:622
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 市街化調整区域におけるプレハブ等の建築の可否

    一般にプレハブやスーパーハウスと言われるものであっても、建築物であれば市街化調整区域では原則として建築できません。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:802
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 引越し前の住所変更

    ・大和市から他市区町村への引越し(転出届)のみ、新住所に住み始める14日前から届出ができます。・他市区町村から大和市への引越し(転入届)と、大和市内での引越し(転居届)は、引越し前に住所変更することはできません。新しい住所に住み始めてから14日以内に住所変更を届出してください。《関連リンク》 市民課へのお問... 詳細表示

    • No:551
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 建築協定によるまちづくり

    建築基準法では安全で住みやすいまちづくりのために、誰もが守るべき最低限のルールを定めています。しかし、地域の特性を生かした魅力あるまちづくりのためには必ずしも十分なルールとは言えません。「建築協定」は、より安全で、より快適な、住み良いまちづくりをめざして、住民が全員の合意のもとに、建築基準法の最低限の基準に上乗せ... 詳細表示

    • No:789
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 市営住宅でのペットの飼育

    市営住宅では、動物の飼育をすることはできません。詳しくは関連ページを参照してください。《関連リンク》 街づくり総務課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:795
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 市街化区域における開発許可

    主として建築物の建築又は特定工作物の建設の用に供する目的で行う土地の区画形質の変更(開発行為)を行う場合で、その面積が500㎡以上の場合は、開発許可を要します。詳しくは関連ページを参照してください。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:801
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

67件中 1 - 10 件を表示