• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 環境 』 内のFAQ

22件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 犬の登録手続き

     生後91日以上の犬は、生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が狂犬病予防法で義務づけられています。 【犬の登録】  犬を取得した日(生後90日を経過した日)から30日以内に、保健福祉センター4階にある健康づくり推進課で登録を申請してください。  毎年4月頃に実施している集合注射会場でも登録手続ができ... 詳細表示

    • No:279
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/30 14:24
  • 近所の騒音

    生活騒音は、生活する上で出る音ですからなくすことはできません。また、生活騒音を規制することは、個人の行動を制限することにつながりますので、法律などで規制を行うことはなじみません。しかしながら、必要以上に音を出さないように一人ひとりの心がけが必要です。相手方は自分が迷惑をかけてることに気づかないケースもありますので... 詳細表示

    • No:681
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/25 15:44
  • 家庭系有料指定ごみ袋の売り上げとその使い道

    平成18年度の家庭系有料指定ごみ袋の売り上げと、売り上げを充てた事業は次のとおりです。 【売り上げ】 451,591,000円 【売り上げを充てた事業とその事業に充てた額】 次のごみ処理に関連した環境部事業に充てられています。 div.hoge{ clea... 詳細表示

    • No:672
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/04/02 18:24
  • ハチの駆除

    市では、大和市内にある住宅やその庭などに営巣したスズメバチの巣の駆除を行っています。 スズメバチの巣をみつけましたら、土地所有者、管理者、又はその家族の方から、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。なお、アシナガバチやミツバチの巣などは駆除対象外となりますので、害虫駆除業者などの専... 詳細表示

    • No:679
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/28 09:30
  • 合併処理浄化槽の補助金

    市街化調整区域にある汲み取り式便槽や単独処理浄化槽を合併処理浄化槽に変更するときは、条件によって補助金交付の対象となります。交付対象となる条件については、生活環境保全課のホームページをご確認いただくか、生活環境保全課(電話:046-260-5106)にご相談ください。 《関連リンク》 生活環境保全課へのお... 詳細表示

    • No:690
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/28 09:27
  • 一般家庭からの煙

    一般家庭での屋外燃焼行為については、法令等で「レジャー等、一部例外を除き制限される」ことになっています。現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号等と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。 《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:687
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/28 09:31
  • 光化学スモッグ注意報・警報が発令されたとき

    注意報等が発令された際は、光化学オキシダントが高濃度になっており、健康被害が発生する可能性がありますので、屋外での激しい運動は中止しましょう。病弱な子供や体調の悪い子供は室内で休ませましょう。風向きを考慮して窓を閉めましょう。 《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:676
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/28 09:38
  • 土壌汚染調査について

    有害物質を使用したことのある事業所を廃止する際や、有害物質を使用したことのある土地の区画形質の変更を行う際には、土壌汚染調査が必要となります。 また、有害物質の使用履歴がなくても、3,000㎡以上の土地の区画形質を行う際は、土壌汚染対策法に基づき、地歴調査が必要になります。 詳しくは、生活環境保全... 詳細表示

    • No:695
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/28 09:30
  • 畑からの煙

    屋外燃焼行為は法令等により規制されていますが、農作業に伴う屋外燃焼行為は、例外として認められています。ただし、「自己の農作業に伴う焼却で軽微なもの」となっていますので、現地調査を行います。電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。 《関連リン... 詳細表示

    • No:688
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/26 10:43
  • 環境保全関係法令の届出

    騒音規制法、振動規制法、水質汚濁防止法、神奈川県生活環境の保全等に関する条例などで規定されている公害が発生する可能性がある施設を設置する際は届出が必要になります。 また、上記法令の届出をすでにされている事業所等で、届出内容の変更や届出施設を廃止をする際などにも、届出が必要になります。 届出が必要に... 詳細表示

    • No:691
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2021/05/24 09:59

22件中 1 - 10 件を表示