• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 健康・福祉

くらしのガイド 健康・福祉

『 くらしのガイド 健康・福祉 』 内のFAQ

136件中 31 - 40 件を表示

4 / 14ページ
  • 介護施設入所の際の減免制度

    低所得者の方(本人及び世帯全員が非課税)が、施設サービスを利用する場合、食費と居住費に自己負担限度額を設けて負担を軽減する制度があります。施設サービスの利用とは、特養・老健・療養型の施設に入所、あるいはショートステイを利用することを指しますので、有料老人ホーム等に入所した際は、該当になりません。該当の場合は、市役... 詳細表示

  • 住宅改修費・福祉用具購入費の支給限度基準額

    介護度による違いはありません。なお、住宅改修費は20万円分まで、福祉用具購入費は10万円分(年間)まで利用できます。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 敬老祝品の内容について

    当該年度9月15日を基準日とし、88歳の方、90歳の方、95歳の方、99歳の方、100歳以上の方で1年以上本市に住民登録がある方(外国人の方含む。)に、毎年度9月に各地区の民生委員児童委員から敬老祝品(記念の品物)をお渡ししています。また、養護老人ホーム及び特別養護老人ホームに入所されている方には市長が施設を訪問... 詳細表示

  • 療育手帳の新規申請

    療育手帳は、知的障害のある方が援助や相談を受けやすくするための手帳です。療育手帳を取得するには、18歳未満の方の場合、県北地域児童相談所で判定を受けていただきます。その後、障がい福祉課で申請手続きをしてください。※県北地域児童相談所  相模原市中央区淵野辺2-7-2 電話042-750-0002【お持ちいただくも... 詳細表示

  • 精神障害者保健福祉手帳の申請の時期

    症状が一定期間続いていることの確認のため、精神障害と診断された日から、6か月以上精神障害の状況であることが必要です。《関連リンク》 精神障害者保健福祉手帳について(市ホームページ) 障がい福祉課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護保険の転出時の手続き

    住所を移せば、新しい市区町村の被保険者となります。要介護認定を受けていた人は、転入の日から14日以内に転出先の市区町村に申請すると、大和市で受けていた要介護度を引き継ぐことができます。転出前に市役所本庁舎1階介護保険課窓口で要介護度を証明する書類(受給資格証明書)の発行を受けてください。ただし、転出先が介護保険施... 詳細表示

  • 放課後児童クラブ(学童保育)の現況

    大和市では、19小学校区のうち、17の小学校区に公設の「放課後児童クラブ」を開設しています。公設の放課後児童クラブを開設していない2小学校区では民営児童クラブに放課後児童クラブの事業を委託して、保護者の就労や病気等の理由により、放課後、保護者の適切な保護を受けられない小学校1~6年生の児童をお預かりしています... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の保険料

    保険料は、個人での支払いとなります。(世帯ごとではありません。) 所得割額と均等割額の合計となります。保険料の算定方法(平成30・31年度)は次のとおりです。 《(前年の総所得金額等)-33万円》×8.25%+41,600円=年間保険料額 例えば、厚生年金収入が300万円の方の場合、保険料は... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の手続き

    後期高齢者医療制度は「神奈川県後期高齢者医療広域連合」が運営しますが、 各種申請等に関わる窓口業務は市役所で行います。 【給付申請】 高額療養費、高額介護合算療養費、療養費(治療用装具など)、食事療養費、葬祭費など 【交付申請】 被保険者証(保険証)などの再交付、限度... 詳細表示

  • 特別児童扶養手当の申請方法

    特別児童扶養手当は、知的障害・身体障害(政令で定める程度)等のある児童を育てている方に支給される手当です。支給金額は障害の程度によって決まります。 申請には診断書などを提出していただく必要がありますが、必要な書類は障害の種類や生活状況によって異なるため、障がい福祉課にご相談ください。《関連リンク》 特別児童... 詳細表示

136件中 31 - 40 件を表示