• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 健康・福祉

くらしのガイド 健康・福祉

『 くらしのガイド 健康・福祉 』 内のFAQ

136件中 51 - 60 件を表示

6 / 14ページ
  • 人間ドックの助成

    大和市の国保に加入して一年が経過して、市税等に未納がない方が助成の対象となります。 病院に予約した後に保険年金課窓口に申請してください。 対象となる病院によってコースに制限があるので、注意してください。 詳しくは保険年金課HPを参照してください。 後期高齢者医療制度のかたも、市税等に未納がない方は... 詳細表示

  • 要介護認定の区分変更申請

    要介護(要支援)認定区分の変更申請を行うことができます。要介護(更新)認定の申請時と同じように、市役所1階、大和保健福祉センター5階介護保険課窓口で申請手続きを行ってください。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護サービスの利用

    まずは、要介護(要支援)認定を受けてください。認定を受けるための申請手続きは、市役所1階、大和保健福祉センター5階介護保険課窓口で行うことができます。認定を受けた後、ケアプラン(介護サービス計画)の作成を、居宅介護支援事業所(要支援の方は地域包括支援センター)に依頼し、サービス利用を開始します(施設入所を希望する... 詳細表示

  • 社会保険から後期高齢者医療制度への移行

    今後は、後期高齢者の被保険者として個人で保険料を負担していただくことになります。 (保険料の計算は、通常どおりです。) ただし、急な負担増を避けるため減額措置が設けられています。 後期高齢者医療制度に加入する前日に、全国健康保険協会管掌健康保険・船員保険・健康保険組合・共済組合の被扶養者であ... 詳細表示

  • 療育手帳の再発行

    療育手帳を紛失(破損)された方は、次のものをお持ちいただき、障がい福祉課で再発行の申請をしてください。【必要なもの】(1)療育手帳(破損の場合)(2)印鑑(3)写真(タテ4cm×ヨコ3cm 正面、脱帽、おおむね1年以内に撮影したもの)《関連リンク》 障がい福祉課へのお問い合わせ 療育手帳について 詳細表示

  • 有料道路障害者割引(ETCあり)

    有料道路の障害者割引制度は、身体障害者手帳をお持ちの方ご本人が運転される場合または、介護される方が運転する車に重度の障がい(身体障害「1種」、療育手帳A1・A2)をお持ちの方が同乗する場合が対象となります。申請される際は、(1)身体障害者手帳もしくは療育手帳(2)自動車検査証(3)免許証(障害者ご本人が運転する場... 詳細表示

  • 心身障害者医療費受給者の方が医療証を使わず受診した場合

    医療証をお持ちにならず受診した場合や、神奈川県外や心身障害者医療証が使用できない医療機関で受診した場合は、医療機関の窓口で、保険診療の自己負担額を支払い、後日、保健福祉センター(5階)障害福祉課で還付の申請をして下さい。【申請に必要なもの】(1)心身障害者医療証(2)印鑑(3)医療機関等の領収書(4)振込先金融機... 詳細表示

  • はり・きゅう・マッサージ受療助成券

    <対象となる方> 市内に住民登録がある75歳以上の方に、年間6枚の助成券を交付します。助成券は1枚1,500円分で、医療保険適用外の治療1回につき1枚のみ使用可能です。有効期限は翌年3月31日までです。 <申込方法> 住所、氏名、年齢が確認できるもの(保険証や運転免許証など)を持... 詳細表示

  • 介護保険料の納付について

    市から介護保険料の納付書をお送りしますので、銀行等の窓口、またはコンビニエンスストアで納付してください。銀行等口座からの自動引き落としを希望されるかたは、金融機関に備え付けの申請用紙でお申し込みください。なお、年金収入のある方は、一定期間後、年金からの天引き方式に変更しますが、その場合には事前にお知らせします。 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の保険証

    75歳の誕生日の前日までに届くように簡易書留で送付いたします。 後期高齢者医療制度の保険証は、75歳の誕生日から使っていただくことになります。 ※75歳になると自動的に後期高齢者医療制度に切り替わるため、手続きの必要はありません。 ただし、75歳になった方が会社の健康保険などに加入していた場... 詳細表示

136件中 51 - 60 件を表示