• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 教育・文化

『 くらしのガイド 教育・文化 』 内のFAQ

118件中 111 - 118 件を表示

12 / 12ページ
  • 子供でも利用者カードは作れますか?

    はい。どなたでもカードを作ることができます。ただし、小学生以下の方で住所とお名前の確認できるものが提示できない場合は、保護者が記入した「住所証明書」をご提出ください《関連リンク》 図書館へのお問い合わせ 詳細表示

  • 郷土民家園の利用

    ○開園時間は9時~16時30分までとなります(7月21日~8月31日の夏季時間は17時まで)。 ○休園日は、月曜日(祝日の場合は翌日)、年末年始(12月29日~1月3日)です。 ○入園は無料。 ○交通のご案内 ・小田急江ノ島線「鶴間」駅下車、徒歩約20分。または、相模鉄道線「相模大塚」駅下車、徒歩約10分... 詳細表示

  • つる舞の里歴史資料館の利用

    ○開館時間は9時~17時までとなります(入館は16時30分まで)。 ○休館日は、月曜日(祝日の場合は翌日)、祝日の翌日(土・日曜日はのぞく)、年末年始(12月29日~1月3日)です。 ○観覧料は無料(特別企画展の場合は別に定めます)。 ○交通のご案内  ・東急田園都市線「つきみ野」駅下車 徒歩約7分。 ... 詳細表示

  • 下鶴間ふるさと館の施設概要

    市内唯一の宿場であった下鶴間宿に建てられた施設です。市指定重要文化財である安政3年(1856)に建設された旧小倉家母屋と大正7年(1918)に再建された旧小倉家土蔵を復元しています。 下鶴間宿に関する資料の展示や様々な展示・イベントを行っています。 母屋を利用することもできます。 母屋:安政3年、入母屋、1... 詳細表示

  • つる舞の里歴史資料館の施設概要

    主に大和市北部地域(旧下鶴間村)の歴史を紐解く資料を収蔵し、展示しています。 建物は地域の特色を生かし、外観は幕末から明治初頭の農家をモチーフとしたもので、内部の意匠は農家の庭、納屋、土蔵というイメー ジで構成し、農家の生活空間を再現しています。 大和市北部に関する歴史資料の展示や、年に数回の特別展示を行って... 詳細表示

  • 大和市さくら文芸祭

    日頃の文芸活動の発表の場を作ることにより、その知識・技術の向上と市民の文化への意識の高揚と普及を目的として開催しています。短歌・俳句・川柳の作品を一般公募しています。毎年3月頃に郷土民家園で開催しています。《関連リンク》 文化振興課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 大和市文化祭

    日頃の芸術・文化活動の発表の場を作ることにより、その知識・技術の向上と市民の文化への意識の高揚と普及を図ることを目的に開催しています。書・絵画・写真の作品を募る一般公募展と、文化団体が主催する芸術文化団体発表会で構成されています。毎年9月から11月にかけて生涯学習センターを中心に開催しています。《関連リンク》 ... 詳細表示

  • 生涯学習振興補助金

    生涯学習の振興に資するための市民及び団体が実施する事業に対して補助金を交付しています。(補助対象経費の2分の1、限度額100万円)補助の対象となる事業は以下のいずれにも該当する事業です。(1)市内を中心に活動する及び団体が行う事業(2)市民を対象に実施する事業(3)文化、芸術及び生涯学習に関する事業(4)事業の実... 詳細表示

118件中 111 - 118 件を表示