• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 教育・文化

『 くらしのガイド 教育・文化 』 内のFAQ

118件中 21 - 30 件を表示

3 / 12ページ
  • 小学校・中学校の介助員(特別支援教育ヘルパー)の仕事

    市内の小学校・中学校に在籍する教育上配慮を要する児童・生徒に、車いすでの移動の補助、集団生活に入るための援助、食事やトイレの援助など、教育的ニーズに応じた個別の支援をしています。介助員(特別支援教育ヘルパー)は、各小学校・中学校の児童・生徒の状況により配置されています。《関連リンク》 指導室へのお問い合わせ 詳細表示

  • 生涯学習センターの利用

     市内各学習センターは、原則として登録を受けた方(団体)に部屋をお貸ししています。初めてご利用になられる場合は、市内に5館ある学習センター窓口で登録の申請を行ってください。約2週間で「団体ID」と「パスワード」を発行します。団体の性質により、提出書類が異なりますので、必ず事前にご利用を希望される学習センターに... 詳細表示

  • 青少年相談室の業務

    ○相談活動 いじめ、親子関係、不登校、非行など青少年自身の悩みや、青少年が起こす問題行動で悩む保護者や教職員の相談を受け、指導助言やカウンセリングを通して問題解決の援助を行っています。 相談員スタッフ:相談員・スクールソーシャルワーカー・心理カウンセラー(臨床心理士)・スーパーバイザー(大学教授等) ヤ... 詳細表示

  • 準要保護児童・生徒に対する眼鏡購入費援助制度

    学校の健康診断などで片裸眼視力が0.6以下の方(既に視力を矯正している方については、片矯正視力が0.6以下の方)で、眼科医が眼鏡が必要と認めた方が対象です。学校での検眼結果(治ゆ勧告書)と、認印を教育委員会に持参し、「めがね交付申請書」を記入いただきますと「めがね注文書」「視力精密検査依頼書」を発行します。まず「... 詳細表示

  • 保育所等入所申し込みの窓口

    住民票がある市区町村でしていただきます。 大和市にお住まいの場合は、大和市保健福祉センターの窓口へお申し込みください。 郵送でのお申し込みはできません。 大和市外にお住まいの場合は、お住まいの市区町村へお申込みください。 なお、大和市外に住民票があって、大和市の... 詳細表示

  • 新制度の幼稚園・認可保育所・認定こども園の保育料

    利用者負担額は、お子さんの認定区分、世帯にかかる市民税額、お子さんの年齢、保育の必要量、兄姉の状況等によって大和市が設定した階層区分に応じて決定します。 ※4~8月分までは前年度の市民税額を基に、9~翌年3月分以降は現年度の市民税額を基に決定します。 ただし、保育料の算定の際には、所得割額に税額控... 詳細表示

  • 市税等の口座振替による納付について

    大和市の市税等は、口座振替(口座引き落とし)の方法で納めることができます。【口座振替ができる市税等】●市県民税(普通徴収)●固定資産税・都市計画税●固定資産税(償却資産分)●軽自動車税●国民健康保険税●下水道受益者負担金●市営住宅使用料●市営住宅駐車場使用料●介護保険料●後期高齢者医療保険料*以上の市税等の口座振... 詳細表示

  • 地区体育振興会とは

    市内を11地区に分け、各地区で主体性を持ってスポーツ活動を行うために組織されたもので、自主的な地域スポーツ活動をしています。《関連リンク》 スポーツ課へのお問い合わせ 詳細表示

  • インターネットは利用できますか?

    はい。できます。2階レファレンス室に3台あります。ただし、検索・閲覧のみの利用となります。掲示板への書き込み、メール(Webメールを含む)の利用、チャット、ゲームなどはしないでください。《関連リンク》 図書館へのお問い合わせ 詳細表示

  • 幼稚園の入園手続き

    入園する前年の10月中旬から願書等を配布し、11月上旬に受付を開始します。《関連リンク》 ほいく課へのお問い合わせ 詳細表示

118件中 21 - 30 件を表示