• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 教育・文化

『 くらしのガイド 教育・文化 』 内のFAQ

118件中 71 - 80 件を表示

8 / 12ページ
  • まなび(生涯学習)の相談

     市内に5館ある学習センターでは、しみんの様々なニーズに合わせた講座を開催しているほか、サークル活動などで活用できる貸館業務も行っています。  また、各学習センターの窓口では、学びたい、サークル活動をしたい、自分の持っている知識や技能を地域に還元したい、とにかく何かをやってみたい、など市民の皆さんの学び... 詳細表示

  • 子ども科学教室について

    原則としてハガキによる申し込みです。参加希望日・住所・氏名・学校名・学年・電話番号を記載し、大和市教育研究所あて郵送してください。申し込みできるのは、大和市在住の小学校3年生から中学生までです。開催日ごとに、申込締め切り日が決まっていますのでご注意ください。希望者が定員を超えた場合は抽選となります。《関連リンク》... 詳細表示

  • 調理業務民間委託を行う理由

    保護者の皆さんにご負担していただいている給食費は、全て食材料の費用になります。その他の施設整備や人件費、光熱水費、備品・消耗品の購入等は、市が負担をしています。予算の有効活用の観点からも市ではこの調理業務の民間委託化は進めていきます。《関連リンク》 保健給食課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 調理業務民間委託(質の心配)

    食材の発注、検食は学校(調理場)の栄養士が行います。従来どおり、直営校と同じ食材を発注・使用し、市独自の衛生基準に基づき調理作業を行っておりますので、民間委託に伴い給食の質が落ちるようなことはありません。《関連リンク》 保健給食課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 調理業務民間委託(給食費の心配)

    学校給食の運営にあたっては、現在、食材費のみ保護者負担で、その他の経費は市が負担をしています。民間委託する調理業務は市が負担をしている経費ですので、民間委託する事によりご負担の給食費が高くなることはありません。《関連リンク》 保健給食課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 市内の幼稚園

    大和市内には、私立幼稚園17園の幼稚園があります。ホームページに幼稚園一覧表を掲載してあります。幼稚園の状況は各幼稚園にお問い合わせください。《関連リンク》 ほいく課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 学校給食における地産地消

    現在本市の学校給食での地産地消の農産物は、夏にはトマト、秋には湘南梨、冬から春先まで小松菜やほうれん草などが中心です。また、神奈川県内産では、米・牛乳・キウイフルーツなどを使用しています。原則的には国内産の食材を使用し、安全で安心な給食の提供に努めています。《関連リンク》 保健給食課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 学校給食での食物アレルギー児童への対応

    食物アレルギーを引き起こす原因となるアレルゲンは多岐にわたり、また、その症状も個人により大きく異なっているため、代替食を調理することは難しいのが現状です。該当の希望者には通常の献立表の他に給食で使用している食材が明記されている献立概況表を配布し、本人または保護者にアレルゲンを除去して食べるよう注意を呼びかけていま... 詳細表示

  • 学校施設開放(社会体育施設開放)の申請

    社会体育の振興を図るため、市内在住・在勤で構成された10名以上の登録団体に、市立小学校・中学校(ただし、指定された施設に限る)の施設・設備を開放しています。※詳細は関連HPをご参照下さい。《関連リンク》 スポーツ課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 放課後児童クラブのスタッフになるには

    月額報酬非常勤特別職にあたる支援員と、時給でお支払いする補助支援員、夏休み期間だけ働いていただく夏休み補助支援員があります。詳しくは青少年センターまで問い合わせてください。 履歴書持参の上、面接を行い、採用・非採用を決定します。幼稚園・小学校などの教員免許、保育士などの資格を有する方、またはこれに準じ児童の健全... 詳細表示

118件中 71 - 80 件を表示