• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 届出・証明書

『 くらしのガイド 届出・証明書 』 内のFAQ

118件中 11 - 20 件を表示

2 / 12ページ
  • 婚姻・離婚届に必要なもの

    ○必要事項を記入した婚姻届・離婚届の用紙1通 ※必ず本人が自筆署名・押印してください。また、婚姻及び協議離婚の場合は証人欄に成年二人の署名・押印が必要です。○夫と妻の本籍地以外の役所に届出する場合は、戸籍謄本1通○窓口に来る方の本人確認ができるもの(運転免許証・パスポート等)*外国人との婚姻の場合は、他に必要書類... 詳細表示

  • 郵送による戸籍請求

    本籍が大和市の方は、戸籍等を郵送で請求できます。次のものを郵送してください。 【必要なもの】 (1)申請書(便箋に次の必要事項を記入してください) ・請求者の住所・氏名・押印・電話番号(昼間に連絡がつくもの) ・必要な戸籍の本籍・筆頭者 ・必要な戸籍証明と通数(例:全部事項証明書2通・○○の個人事項... 詳細表示

  • 転出届

    本人(引越しをした人)、世帯主又は代理人が転出届をしてください。実際に新住所に住み始める14日前、または、新住所に住み始めてから14日以内に手続きをしてください。 転出届をすると、転出証明書が発行されます。その証明書を持って新しくお住まいになる市区町村で転入届をしてください。 ※代理人が転出届をする際は、本人... 詳細表示

  • 住民票記載事項証明

    住民票記載事項証明は、住民票(住民基本台帳)に記載されている事項を証明するものです。提出先(学校や職場など)の指定用紙をお持ちの方は、あらかじめ楷書で記入してお持ちください。指定用紙がない場合は、市の様式に必要事項を記入して提出してください。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 住民票の写しの交付について

    窓口に来た方の本人確認をしますので、運転免許証や保険証などをお持ちください。また、同一世帯の方以外の代理人が請求する場合、ご本人の委任状や、使用目的や提出先の記入が必要になることもありますので、事前に確認のうえ、お越しください。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 新年度の市税証明発行時期

    新年度の証明については、毎年、固定資産税に関する証明(評価証明・公課証明・名寄帳など)は4月から、個人の市民税・県民税に関する証明(所得証明・課税証明・非課税証明)は6月から発行しています。納税証明・課税証明については納税通知書の送達により賦課決定した後となります。《関連リンク》 資産税課へのお問い合わせ 詳細表示

  • コンビニ交付サービスについて

    [場所] 全国のセブン-イレブン、ローソン、ファミリーマート、ミニストップなど ※コンビニ交付サービス対応のマルチコピー機(キオスク端末)の設置店舗に限ります。 [時間] 午前6時30分から午後11時00分まで ※年末年始(12月29日から1月3日まで)とメンテナンス時(不定期)を除く [取り... 詳細表示

  • 代理人による住民票請求

    住民票の写しは代理人でも請求できます。代理人が請求する場合、ご本人の委任状や、使用目的、提出先の記入が必要になることもありますので、事前に確認のうえ、お越しください。ただし、住民登録上同一世帯の方が請求する場合は、委任状は必要ありません。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 郵送で市税の証明を取る場合

    郵送で市税関係の証明を請求される方は、次の(1)~(4)を同封して大和市役所資産税課までご郵送ください。 (1)申請書 便箋等に次の事項をご記入の上、ご請求ください。 ・申請者の現住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号(昼間の連絡先) ※法人の証明を申請される場合には、法人... 詳細表示

  • 郵送による身分証明書請求

    本籍が大和市の方は、郵送で請求できます。次のものを郵送してください。 【必要なもの】 (1)申請書(便箋に次の必要事項を記入してください) ・請求者の住所・氏名・押印・電話番号(昼間に連絡がつくもの) ・本籍・筆頭者 ・身分証明書が必要な方の氏名 ・必要通数 (2)手数料:郵便局の定額小為替もし... 詳細表示

118件中 11 - 20 件を表示