• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 税金・健康保険

くらしのガイド 税金・健康保険

『 くらしのガイド 税金・健康保険 』 内のFAQ

131件中 11 - 20 件を表示

2 / 14ページ
  • 国民年金保険料の免除

     国民年金第1号被保険者は、毎月の保険料を納めていただく必要があります。しかしながら、所得が少ないなど、保険料を納めることが難しい場合もあります。  そのような場合は、未納のままにしないで、「国民年金保険料免除・納付猶予制度」の手続きを行ってください。  承認を受けてから10年以内は追納ができ、年金額... 詳細表示

  • 社会保険料控除

    納められた保険税は、納めた日の属する年の所得税や市県民税の申告又は、年末調整の時に社会保険料控除の対象になります。国民健康保険税に関しては証明書の添付の必要はございませんが、希望される方には納付済額を記載した「社会保険料控除参考資料」を送付しています。毎年11月下旬から発行していますので、保険年金課(046-26... 詳細表示

  • 市県民税の申告方法

    いいえ、郵送でも申告できます。また、提出していただいた申告書の控えを希望される場合は、申告書のコピー1部と必要分の切手を貼った返信用封筒1部を申告書とともに郵送してください。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 原付バイク等の名義変更

    ・名義変更する場合新所有者の印鑑、旧所有者の印鑑又は譲渡証明書、標識交付証明書(無くても可)、身分証明書。・大和市外の方から市内の方へ名義変更する場合新所有者の印鑑、旧所有者の印鑑又は譲渡証明書、旧市区町村のナンバープレート及び標識交付証明書、身分証明書。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 入院時の医療費

    「限度額適用認定証」を医療機関に提示すると窓口での支払が限度額までになります。 保険税に未納がない方が対象になりますが、入院する前に申請して使用してください。 高齢受給者証で対応できる場合もあります。お問い合わせください。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 所得の申告

    国保に加入している人は、所得のない方も必ず所得の申告をしてください。毎年2月中旬から3月中旬の確定申告の時期に大和税務署(所得税を納税されている方)又は、市役所市民税課(所得税が非課税の方や所得がない方)で所得の申告をしてください。会社で年末調整される方や公的年金収入のみの方、又はその人の扶養になっている方は除き... 詳細表示

  • 郵送で市税の証明を取る場合

    郵送で市税関係の証明を請求される方は、次の(1)~(4)を同封して大和市役所資産税課までご郵送ください。 (1)申請書 便箋等に次の事項をご記入の上、ご請求ください。 ・申請者の現住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号(昼間の連絡先) ※法人の証明を申請される場合には、法人... 詳細表示

  • 保険税の金額

    国民健康保険税は次の3つの税率等で計算された合計額が、1年間加入した場合の保険税額となります。 すべての加入者に課税される医療給付費分、後期高齢者支援金等分と40歳以上65歳未満の加入者に課税される介護納付金分とを一括して、国民健康保険税として納めていただくことになります。 ◎所得割額  税率:医療給付費... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の保険料

    保険料は、個人での支払いとなります。(世帯ごとではありません。) 所得割額と均等割額の合計となります。保険料の算定方法(平成30・31年度)は次のとおりです。 《(前年の総所得金額等)-33万円》×8.25%+41,600円=年間保険料額 例えば、厚生年金収入が300万円の方の場合、保険料は... 詳細表示

  • 市県民税の納付方法

    市県民税の納付方法は、給与からの差し引き(特別徴収)、自分で納付書(又は口座振替)にて納める方法(普通徴収)、公的年金からの差し引き(公的年金からの特別徴収)の3通りあります。特別徴収では、6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の毎月の給与から差し引いて納めていただきます。これは、お勤め先の経理の方などを... 詳細表示

131件中 11 - 20 件を表示