• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 税金 』 内のFAQ

93件中 1 - 10 件を表示

1 / 10ページ
  • 市税の証明を取れる場所

    市税等の証明の発行場所は以下の通りです。  ①大和市役所 市民課(1階2番窓口)           【平日、土曜、日曜の午前中】  ②各分室(中央林間・渋谷)、各連絡所 (大和・桜ヶ丘) 【平日のみ】  ③大和市役所 資産税課(2階1番窓口)         【平日のみ】   ※証明窓口につ... 詳細表示

    • No:251
    • 公開日時:2018/04/04 00:00
  • 市県民税の減免

    生活保護の受給を開始した場合や、災害による被害を受けて生活が著しく困難となる特別な事情がある場合などには、その状況に応じて税額を減免する制度があります。該当すると思われる場合は、市民税課にご相談ください。また、市県民税の割引制度はありません。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:218
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 原付バイク等の名義変更

    ・名義変更する場合新所有者の印鑑、旧所有者の印鑑又は譲渡証明書、標識交付証明書(無くても可)、身分証明書。・大和市外の方から市内の方へ名義変更する場合新所有者の印鑑、旧所有者の印鑑又は譲渡証明書、旧市区町村のナンバープレート及び標識交付証明書、身分証明書。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:213
    • 公開日時:2015/11/30 00:00
  • 原付バイク等の廃車手続き

    ・ナンバープレートがある場合印鑑、ナンバープレート、標識交付証明書(無くても可)、身分証明書。・ナンバープレートがない場合印鑑、必要書類(解体証明書、事故証明書等)又は盗難受理番号、身分証明書。※関連ページを参照してください。《関連リンク》 市民税課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:212
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 郵送で市税の証明を取る場合

    郵送で市税関係の証明を請求される方は、次の(1)~(4)を同封して大和市役所資産税課までご郵送ください。 (1)申請書 便箋等に次の事項をご記入の上、ご請求ください。 ・申請者の現住所、氏名(ふりがな)、生年月日、電話番号(昼間の連絡先) ※法人の証明を申請される場合には、法人... 詳細表示

    • No:266
    • 公開日時:2017/03/17 08:30
    • 更新日時:2017/03/17 11:18
  • 延滞金について

    納付期限を過ぎて未納となっている場合には、次で計算した延滞金が加算されます。 { 未納額(注1)× 割合(注2) × 期間(日数) }÷365日 = 延滞金額(注3) 注1  (1) 計算の基礎となる未納額に千円未満の端数があるときは、その端数を切り捨てて計算します。 ... 詳細表示

    • No:195
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/05/19 16:45
  • 市税等の口座振替による納付について

    大和市の市税等は、口座振替(口座引き落とし)の方法で納めることができます。【口座振替ができる市税等】●市県民税(普通徴収)●固定資産税・都市計画税●固定資産税(償却資産分)●軽自動車税●国民健康保険税●下水道受益者負担金●市営住宅使用料●市営住宅駐車場使用料●介護保険料●後期高齢者医療保険料*以上の市税等の口座振... 詳細表示

    • No:187
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 住宅用家屋証明を取る場合

    住宅用家屋証明書は大和市役所資産税課(2階1番窓口)で お取りできます。 申請に必要な書類 (1)個人が新築した住宅用家屋(第41条(イ-a)、(イ-c)、第42条の2(イ-e)) ・表示登記済証または登記完了証と登記事項証明書など ・確認済証または検査済証 ・住民票  ... 詳細表示

    • No:253
    • 公開日時:2017/03/17 11:29
  • 市税の滞納

    督促状や催告書等により早期に納付いただくよう催告を行います。納付がない場合、納期限までに納付された方との公平を保つため、滞納された方の財産(給与、預金、生命保険、不動産など)を差押えることになります。《関連リンク》 収納課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:181
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 市県民税の納付方法

    市県民税の納付方法は、給与からの差し引き(特別徴収)、自分で納付書(又は口座振替)にて納める方法(普通徴収)、公的年金からの差し引き(公的年金からの特別徴収)の3通りあります。特別徴収では、6月から翌年5月までの12回に分けて、お勤め先の毎月の給与から差し引いて納めていただきます。これは、お勤め先の経理の方などを... 詳細表示

    • No:222
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

93件中 1 - 10 件を表示