• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 国民健康保険 』 内のFAQ

16件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 外国人の国保加入

    原則として、住民基本台帳に記載されていることが加入条件となります。詳しくはお問い合わせください。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:882
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 国民皆保険制度

    大和市に住民登録があり、他の医療保険制度に該当する保険に加入していない方です。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:881
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 保険税を納めるのはいつから

    保険税を納めるのは、国保の資格ができた時(退職の翌日)からで、加入の届出をした時からではありません。さかのぼって6月分から納めていただきます。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:887
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 保険税の支払い方法

    大和市役所保険年金課、収納課に申し込み用紙があります。また、振替先の銀行等にも申し込み用紙がありますので、ご利用ください。お客様がお申し込みをされてから口座振替になるまで、少し時間がかかりますのでご了承ください。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:890
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 特定健康診査(受診券)

    これまでは40歳以上の方の健診は大和市が市民の方を対象に基本健康診査として実施していましたが、平成20年4月からは ・40~74歳の方には、医療保険者(国民健康保険や健康保険組合、共済組合、政府管掌健康保険等)が加入者に特定健康診査として実施することになり、それぞれの医療保険者(大和市健康づくり推進課)から届き... 詳細表示

    • No:1026
    • 公開日時:2008/07/16 00:00
    • 更新日時:2018/05/29 15:29
  • 世帯主に課税されます

    保険税は世帯主に課税されます。同じ世帯に国保加入者がいる世帯では、世帯主が保険税を支払う納税義務者となり、納付書や保険証などは世帯主宛に送られます。この場合の保険税額は国保加入者分のみで、世帯主分は含まれていません。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:888
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 特定健康診査

    特定健康診査は、実施年度において40~74歳となる国民健康保険の加入者(毎年度4月1日現在で加入している方)が対象です。 対象となる方には健康づくり推進課から対象者に受診券をお届けいたしますので、受診券と被保険者証を持って、市内協力医療機関で受診してください。 なお、受診される際には予約が必要な医療機関も... 詳細表示

    • No:1027
    • 公開日時:2008/07/16 00:00
    • 更新日時:2018/05/29 15:30
  • 受診券の再発行

    健康づくり推進課までご連絡ください。 特定健康診査の受診券を再発行して送付いたします。 詳細表示

    • No:1028
    • 公開日時:2008/07/17 00:00
    • 更新日時:2018/05/29 15:20
  • 所得の申告

    国保に加入している人は、所得のない方も必ず所得の申告をしてください。毎年2月中旬から3月中旬の確定申告の時期に大和税務署(所得税を納税されている方)又は、市役所市民税課(所得税が非課税の方や所得がない方)で所得の申告をしてください。会社で年末調整される方や公的年金収入のみの方、又はその人の扶養になっている方は除き... 詳細表示

    • No:889
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 入院時の医療費

    「限度額適用認定証」を医療機関に提示すると窓口での支払が限度額までになります。 保険税に未納がない方が対象になりますが、入院する前に申請して使用してください。 高齢受給者証で対応できる場合もあります。お問い合わせください。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:898
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/11 14:44

16件中 1 - 10 件を表示