• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 後期高齢者医療制度 』 内のFAQ

8件中 1 - 8 件を表示

1 / 1ページ
  • 後期高齢者医療制度の保険証

    75歳の誕生日の前日までに届くように簡易書留で送付いたします。 後期高齢者医療制度の保険証は、75歳の誕生日から使っていただくことになります。 ※75歳になると自動的に後期高齢者医療制度に切り替わるため、手続きの必要はありません。 ただし、75歳になった方が会社の健康保険などに加入していた場... 詳細表示

    • No:909
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:16
  • 後期高齢者医療制度の保険料

    保険料は、個人での支払いとなります。(世帯ごとではありません。) 所得割額と均等割額の合計となります。保険料の算定方法(平成30・31年度)は次のとおりです。 《(前年の総所得金額等)-33万円》×8.25%+41,600円=年間保険料額 例えば、厚生年金収入が300万円の方の場合、保険料は... 詳細表示

    • No:911
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:17
  • 後期高齢者医療制度の保険料の支払い方法

     保険料の納め方は、特別徴収と普通徴収の2つの方法があります。 【特別徴収(年金からの天引き)】 年金が年額18万円以上で介護保険料との合計額が年金額の2分の1を越えない方は、原則として年金からの天引きとなります。(特にお申込みの必要はございません。) 【普通徴収(口座振替ま... 詳細表示

    • No:912
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:19
  • 社会保険から後期高齢者医療制度への移行

    今後は、後期高齢者の被保険者として個人で保険料を負担していただくことになります。 (保険料の計算は、通常どおりです。) ただし、急な負担増を避けるため減額措置が設けられています。 後期高齢者医療制度に加入する前日に、全国健康保険協会管掌健康保険・船員保険・健康保険組合・共済組合の被扶養者であ... 詳細表示

    • No:913
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:21
  • 後期高齢者医療制度の手続き

    後期高齢者医療制度は「神奈川県後期高齢者医療広域連合」が運営しますが、 各種申請等に関わる窓口業務は市役所で行います。 【給付申請】 高額療養費、高額介護合算療養費、療養費(治療用装具など)、食事療養費、葬祭費など 【交付申請】 被保険者証(保険証)などの再交付、限度... 詳細表示

    • No:910
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/11 19:09
  • 後期高齢者医療制度で病院にかかる時

    これまでは高齢受給者証と健康保険証の2点をお持ちいただいていましたが、 75歳になると後期高齢者医療制度の保険証1枚になります。 ※一定の障がいがある65~74歳の方で、後期高齢者医療制度の加入申請をされた方も同様です。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:908
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:10
  • 後期高齢者医療制度の対象者

    75歳以上の方が、後期高齢者医療の被保険者になります。 また、一定の障がいがある65歳~74歳の方は手続きにより後期高齢者医療制度に加入することができます。 ※後期高齢者医療制度加入後は、今まで加入していた国民健康保険や各種健康保険組合などの被保険者ではなくなります。 また、これまで使っ... 詳細表示

    • No:907
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/11 19:51
  • 後期高齢者医療制度の運営

    神奈川県後期高齢者医療広域連合が主体となり運営しています。 県単位で運営することで、市町村間の連携を強化し、事務効率そして住民サービスを向上することができます。 申請受付や保険料徴収などの窓口業務は市役所で行います。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:906
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/13 17:11

8件中 1 - 8 件を表示