• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 年金 』 内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 年金手帳の再発行

    ※国民年金第1号被保険者(自営業者、学生など)→大和市役所保険年金課                                   (お急ぎの場合は相模原社会保険事務所へ)※厚生年金や共済組合の加入者→勤務先※国民年金第3号被保険者(厚生年金・共済組合加入に扶養されている配偶者→扶養者の勤務先【問合せ先】・... 詳細表示

    • No:921
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 国民年金保険料の免除

    保険料の免除制度があります。前年所得に応じて全額免除、4分の1納付、半額免除、4分の3納付の4段階の免除があります。所得の審査の対象は本人、配偶者及び世帯主です。また、30歳未満の方は若年者納付猶予制度を選択することもできます。本人及び配偶者の所得で審査されます。免除及び若年者納付猶予が承認されている期間は、保険... 詳細表示

    • No:918
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 国民年金の加入

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入して保険料を納める義務があります。自営業者、学生などは第1号保険者に、サラリーマン・公務員は第2号保険者に、第2号保険者に扶養されている配偶者は第3号保険者になります。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:914
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 退職した時の国民年金

    退職して厚生年金や共済年金を脱退した時は、60歳までの間もしくは再度厚生年金や共済年金に加入するまでの間、国民年金に加入しなければなりません。手続きに市役所へお越しください。【手続き先】・大和市役所 保険年金課(時間 8:30~17:00 電話 046-260-5116)・必要なもの 退職証明書・資格喪失証... 詳細表示

    • No:920
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 納付した国民年金保険料を社会保険料控除として申告

    国民年金保険料は、納付した全額が所得税・市県民税の社会保険料控除の対象となります。国民年金保険料を社会保険料控除として申告する場合は、今年1年間に納付した国民年金保険料を証明する書類の添付が必要です。毎年11月初旬に「社会保険料(国民年金保険料)控除証明書」(ハガキ)が社会保険庁から送付されます。10月以降に本年... 詳細表示

    • No:924
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 就職した時の国民年金

    勤め先で厚生年金に加入した場合は、市役所での手続きは必要ありません。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 学生の国民年金

    基本的には納めていただく必要がありますが、所得が少なく納めるのが困難な時は学生納付特例制度があります。本人の前年所得が118万円以下であれば申請できます。納付特例が承認されている期間は、保険料を納めなくても受給資格期間に入りますが、受給する年金額が減額されます。承認を受けてから10年以内は追納でき、年金額を増やす... 詳細表示

    • No:917
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 60歳を過ぎてからの国民年金

    国民年金は20歳から60歳になるまでが加入期間になります。しかし、60歳になっても受給資格期間(年金を受け取るためには、原則、厚生年金や共済組合、国民年金の納付済期間や免除期間を合わせて25年以上が必要です。)を満たしていない方は、60歳から65歳になるまで任意加入をして保険料を納めることにより、年金を受け取る権... 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • ねんきん特別便についての問い合わせ

    「ねんきん特別便」についての問合せ先※ねんきん特別便専用ダイヤル   電話 0570-058-555                        時間 月~金曜日 9:00~20:00                            第2土曜日  9:00~17:00 《関連リンク》 保険年金課への... 詳細表示

    • No:925
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 配偶者の扶養に入った時の国民年金

    配偶者が厚生年金または共済組合の加入者の場合は、国民年金第3号被保険者の届出が必要です。手続きは配偶者の勤務先をとおして行ないます。(市役所ではできません。)《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:923
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

14件中 1 - 10 件を表示