• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 年金 』 内のFAQ

14件中 1 - 10 件を表示

1 / 2ページ
  • 就職した時の国民年金

    勤め先で厚生年金に加入した場合は、市役所での手続きは必要ありません。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:919
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 配偶者の扶養に入った時の国民年金

    配偶者が厚生年金または共済組合の加入者の場合は、国民年金第3号被保険者の届出が必要です。手続きは配偶者の勤務先をとおして行ないます。(市役所ではできません。)《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:923
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 年金加入記録の照会

    年金の加入記録に関する相談先は ■日本年金機構 相模原年金事務所 042‐745‐8101 受付時間: 月曜日 午前8時30分~午後7時00分 火曜~金曜日 午前8時30分~午後5時15分 第2土曜日 午前9時30分~午後4時00分 ※月曜日が祝日の場合は、... 詳細表示

    • No:926
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/12 19:33
  • ねんきん定期便についての問い合わせ

    ■「ねんきん定期便」「ねんきんネット」「ねんきん特別便」及び「厚生年金加入記録のお知らせ」に関するお問い合わせ 「ねんきん定期便・ねんきんネット等専用ダイヤル」 0570-058-555(ナビダイヤル) 050で始まる電話でおかけになる場合は、 (東京)03-6700-1144(一般電話) ... 詳細表示

    • No:925
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 11:31
  • 60歳を過ぎてからの国民年金

     60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合等に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。  ただし、さかのぼって加入することはできません。 1.... 詳細表示

    • No:927
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 11:24
  • 国民年金の電話相談

    年金について電話での問合せ先は、 ■日本年金機構相模原年金事務所へのお問い合わせ  042‐745‐8101 受付時間: 月曜日 午前8時30分~午後7時00分 火曜~金曜日 午前8時30分~午後5時15分 第2土曜日 午前9時30分~午後4時00分 ※月... 詳細表示

    • No:922
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/12 11:36
  • 国民年金の加入

    日本国内に住所を有する20歳以上60歳未満のすべての人は、国民年金に加入して保険料を納める義務があります。自営業者、学生などは第1号保険者に、サラリーマン・公務員は第2号保険者に、第2号保険者に扶養されている配偶者は第3号保険者になります。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:914
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 納付した国民年金保険料を社会保険料控除として申告

     毎年、12月31日までに納めていただいた保険料は、その年の申告(控除)の対象となりますので、納付額を申告してください。  申告の際は、11月頃に日本年金機構がお送りする(10月以降に初めて納付される方は、翌年2月に送付されます。)控除証明書と、追加で納めていただいた保険料の領収証を添える必要があります... 詳細表示

    • No:924
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/18 14:49
  • 国民年金保険料の納付方法

     国民年金の保険料は、全国の銀行、農協、漁協、信用組合、信用金庫及び郵便局で納めることができるほか、コンビニエンスストアやインターネットなどを利用して納めることができます。  金融機関やコンビニエンスストアで納めるときは、日本年金機構から送られてくる「納付書(国民年金保険料納付案内書)」を使って、納めてください... 詳細表示

    • No:916
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/14 10:28
  • 学生の国民年金

     日本国内に住むすべての人は、20歳になった時から国民年金の被保険者となり、保険料の納付が義務づけられていますが、学生については、申請により在学中の保険料の納付が猶予される「学生納付特例制度」が設けられています。  学生とは、大学(大学院)、短期大学、高等学校、高等専門学校、特別支援学校、専修学校及び各... 詳細表示

    • No:917
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2018/06/18 14:46

14件中 1 - 10 件を表示