• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 街づくり

くらしのガイド 街づくり

『 くらしのガイド 街づくり 』 内のFAQ

92件中 11 - 20 件を表示

2 / 10ページ
  • 建築基準法の道路性格(定義)

    建築基準法では、建築物の敷地が「道路」に2m以上接していないと建築物を建てられません。この「道路」とは、次の建築基準法第42条第1項各号による幅員4m以上のものです。・道路法による道路(第1項第1号)・開発により築造された道路(第1項第2号)・法律適用時に既に存在した道路(第1項第3号)・2年以内に都市計画事業等... 詳細表示

  • 建築基準法における道路の角地の建ペイ率緩和

    次の場合、建ペイ率を10%緩和します。幅員がそれぞれ4メートル以上の2以上の道路に接し、敷地境界線の10分の3以上が道路に接する敷地(ただし、2の道路の角にある敷地で、それらの道路の幅員の和が10メートル未満の場合は、道路が敷地をはさむ角を頂点とする長さ2メートルの底辺を有する2等辺三角形のすみ切り部分の敷地を道... 詳細表示

  • 建築物を建てるときの道路後退(セットバック)の必要の有無

    敷地の前面道路の幅員が4m未満で、建築基準法第42条第2項による道路(2項道路)に指定されている場合には公道、私道の別にかかわらず、原則道路中心線から2mの道路後退(セットバック)が必要になります。《関連リンク》 建築指導課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 公園内での花火

    指定管理者等が管理している公園(大和ゆとりの森、引地台公園、宮久保公園、つきみ野1号公園、多胡記念公園等)以外の都市公園では、手持ち花火の使用は可能です。また、安全面や公園内および周辺の方に配慮し、打ち上げ花火・音の出る花火については、使用を禁止しています。花火をするときは、必ず大人の人と一緒に行い、周りの人や家... 詳細表示

  • 高度地区・風致地区

    大和市内には、高度地区・風致地区はありません。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 埋蔵文化財

    大和市内で開発・建築等の土木工事を行う場合、計画地が埋蔵文化財包蔵地に該当している時には、文化財保護法第93条第1項の規定に基づく届出が必要になります。 埋蔵文化財包蔵地に該当するかどうかは、神奈川県で作成した「周知の埋蔵文化財包蔵地」を基に、市内の埋蔵文化財包蔵地を網羅した「遺跡地図」を作成していますので、文... 詳細表示

  • 公園でバーベーキュー

    バーベキューは、以下の公園でできます。このほかの公園では、許可されたイベント等の中で行なうもの以外、原則として認めておりません。1 泉の森ふれあいキャンプ場:青少年の健全な育成を目的に設置されたデイキャンプ場です。(要申込み・無料)⇒泉の森ふれあいキャンプ場(電話046-260-5795)2 引地川公園ふれあいの... 詳細表示

  • 国道・県道の整備及び要望・苦情

    大和市内の国道16号は、国土交通省相武国道事務所八王子国道出張所(電話042-645-5562)、国道246号は、国土交通省横浜国道事務所厚木出張所(電話046-221-0004)、県道と国道467号は、神奈川県厚木土木事務所東部センター(電話0467-79-2800)にお問い合わせください。 《関連リンク... 詳細表示

  • 公園の管理窓口

    各公園の管理窓口は下記のとおりです。1 引地台公園⇒大和市スポーツ・よか・みどり財団引地台事務所(電話046-260-5798)2 引地台温水プール⇒引地台温水プール(電話046-260-5757)3 引地川公園泉の森・引地川公園ふれあいの森・引地川公園遊びの森(冒険の森フィールドアスレチック)⇒自然観察センター... 詳細表示

  • 大和駅東側第4地区市街地再開発事業

    大和駅東側第4地区は、従前は、都市機能の更新がなされず、都市計画道路などの公共施設も未整備で、老朽化した建築物が密集して、防災上危険な地区でした。また、店舗の閉鎖が相次ぐなど商店街としての連続性や機能が喪失しつつありました。 地区の権利者で組織された大和駅東側第4地区市街地再開発組合が、プロムナードと一... 詳細表示

92件中 11 - 20 件を表示