• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 街づくり

くらしのガイド 街づくり

『 くらしのガイド 街づくり 』 内のFAQ

92件中 71 - 80 件を表示

8 / 10ページ
  • 狭あい道路整備事業により、道路後退(セットバック)した際の後退用地

    道路が公道である場合、道路後退(セットバック)した後退用地は、原則として市が寄付又は無償使用により取得し、道路として整備します。道路が私道である場合は、対象外です。《関連リンク》 土木管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 駐車場への出入口を作るために道路工事をしたい

    自費工事の申請をして承認を受けていただく必要があります。工事の方法や構造については基準がありますので土木管理課許認可担当までご相談ください。なお、工事にかかる費用は全額自己負担となります。《関連リンク》 土木管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 狭あい道路整備事業における角地の隅切り

    狭あい道路整備事業で後退していただく場合には隅切り設置は義務づけられてはいませんが、スムーズな通行や安全確保のために寄附及び無償使用により、ご協力をお願いしております。角度や大きさにつきましては、個別にご相談ください。《関連リンク》 土木管理課へのお問い合わせ 詳細表示

  • ユニバーサルデザインとは

    ユニバーサルデザインとは、ユニバーサル=全体的、普遍的という言葉が示しているように、「全ての人のためのデザイン」を意味します。年齢、性別、文化や言語の違い、障害の有無などに関係なく最初からできるだけ多くの人が利用可能であるように施設や製品等をデザインすることをいいます。よく取り上げられる例として、シャンプー容器に... 詳細表示

  • 路外駐車場の届出

    一定規模以上の時間貸し駐車場の営業を開始する場合には、駐車場法に基づく市長への届出が必要となります。時間貸し駐車場の計画案がありましたら、事前に街づくり計画課へご相談ください。詳しくは関連ページをご覧ください。《関連リンク》 駐車場法による路外駐車場の届出のページ 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 地域地区のルールづくり

    地区のルールづくりは、まず地域の皆さんが、対象になる地区の設定や定めたいルールの内容、ルールの決め方、守り方などを検討し、地区にあった制度を選択することからはじまります。 街づくり推進課では、このような地域の皆さんの自主的なまちづくり活動を支援するため、市民の街づくり支援相談を行っています。地区のルールの種類に... 詳細表示

  • 住宅の耐震改修工事費の補助制度

    「木造住宅耐震改修工事費等補助金制度」があります。補助対象となる住宅は、1 昭和56年5月31日以前に建築された一戸建て住宅、兼用住宅、長屋又は共同住宅で、2 木造(在来軸組み工法)2階建以下のもので、耐震診断の結果、総合評点1.0未満に該当するもので、3 建ぺい率・容積率の規定に適合している、又は補強工事に伴っ... 詳細表示

  • 交通バリアフリー基本構想とは

    急速な高齢化の進展や、障害者が障害のない人と同じように生活し活動できる社会を目指すノーマライゼーションの理念の浸透などから、誰もが自立した日常生活や社会参加を営むことができるまちづくりが期待されています。そのためには、鉄道やバスなどの公共交通機関を誰もが利用しやすいよう、障害となるものを取り除くこと=バリアフリー... 詳細表示

  • 建築等に係る相談

    原則的には、民事上の問題として事業主と直接お話ししていただくことになります。20年7月からは、中高層建築物などが建てられる際に、建築計画や生活環境への影響(日照・通風・採光の阻害・工事中の騒音、振動・電波障害)などについて、事業主との話し合いについてルールを定めた「大和市開発事業の手続及び基準に関する条例」が施行... 詳細表示

  • 開発登録簿の閲覧・写しの方法

    開発登録簿は、街づくり計画課でどなたでも無料で閲覧できます。また、写しが必要な場合には、1枚470円で交付できます。受付時間は、午後5時までです。《関連リンク》 街づくり計画課へのお問い合わせ 詳細表示

92件中 71 - 80 件を表示