• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 産業・市民活動

くらしのガイド 産業・市民活動

『 くらしのガイド 産業・市民活動 』 内のFAQ

38件中 21 - 30 件を表示

3 / 4ページ
  • 献血できる基準

     400mlの全血献血基準は年齢が男性17歳・女性18歳~64歳まで(60歳~64歳の間に献血をしたことがある人は69歳まで)で、体重が男女とも50kg以上の健康な人が基準となります。  妊娠中の方、過去6ヶ月以内に妊娠していた方、一部の薬を服薬中の方、血圧やヘモグロビン濃度が基準値未満の方、エイズ検査を目的と... 詳細表示

  • 市内の青少年関係団体

    青少年が参加している団体として、大和ユースクラブがあります。小学校5・6年生は「わくわく冒険隊」、中学・高校生は「ジュニアシニアクラブ」、大学生以上の青少年は「ユースボランティア」にそれぞれ所属し、学校や学年の枠にとらわれず、年間を通して様々な活動を行っています。また、青少年育成団体として、青少年指導員、子ども会... 詳細表示

  • 法人の自治会加入

    自治会は原則として地域に在住する個人が会員となるものであり、法人は評決権など個人と完全に同一の権利を持つ会員にはなれませんが、自治会によっては賛助会員などの制度を設けている自治会もありますので、地域の自治会にお問い合わせください。 自治会の連絡先がわからない場合は、大和市自治会連絡協議会事務... 詳細表示

  • 市民活動支援

    大和市民活動センターがあります。市民の自主的で営利を目的としない活動を支援する施設です。 センターは、会議室や市民交流スペース、情報検索コーナーなどを設け市民活動団体を応援しています。また、「市民活動ってなんだろう?」、「これから市民活動を始めよう!」という個人も応援しています。 ・大和市民活動センター(大和... 詳細表示

  • 市民活動保険(ボランティア保険)の補償内容

    [補償内容]・ボランティア活動中の事故で、活動者がケガをしたとき(1)死亡保険金・・・1,300万円(2)後遺障害保険金・・・39万~1,300万円(3)入院保険金・・・1日 3,000円(180日限度)(4)通院保険金・・・1日 2,000円(90日限度)・指導者等の過失により、法律上の賠償責任を負ったとき(1... 詳細表示

  • ボランティア保険の適用

    お祭りや子ども会活動などの単なる参加者、政治・宗教及び営利を目的とする活動は保険の対象になりません。また、以下の事項も保険の対象となりません。・賠償責任事故(1)市民団体若しくは指導者等又は市の故意による事故(2)変乱、暴動等の政治的社会的騒じょうによる事故(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災による事故(4)指導... 詳細表示

  • 市民活動保険(ボランティア保険)の請求手続き

    事故報告書などを市役所へ提出していただきますが、まず市民活動課(電話 046-260-5103)にご連絡ください。連絡していただく内容は「事故発生日時」、「事故発生場所」、「事故の状況」、「被害の状況」です。《関連リンク》 市民活動課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 市民活動保険(ボランティア保険)

    あります。「新しい公共を支える市民活動保険」がボランティア保険です。市民の皆さんがボランティア活動中に怪我をしたなど、不慮の事故を補償するものです。《関連リンク》 市民活動課へのお問い合わせ 詳細表示

  • ボランティア活動についての相談

    大和市民活動センターが、ご希望に添ったボランティア活動を見つけるお手伝いをします。気軽にご相談ください。 電話046-260-2586 また、市内には分野ごとに、以下のボランティアコーディネート組織がありますので、ご相談ください。 【福祉、子育てなどについて】大和市社会福祉協議会 ボランティ... 詳細表示

  • NPOとボランティア

    どちらも自主的、自発的に社会貢献を行うという点では同じです。どこが違うかというと、ボランティアは「個人」を、NPOは「組織」を指すということです。また、NPOは「目的を達成するために運営のルールを持ち、組織的、継続的に活動を行うとともに、提供するサービスに見合う対価を受け取ることもできる」のに対し、ボランティアは... 詳細表示

38件中 21 - 30 件を表示