• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • メイン > くらしのガイド 産業・市民活動

くらしのガイド 産業・市民活動

『 くらしのガイド 産業・市民活動 』 内のFAQ

35件中 1 - 10 件を表示

1 / 4ページ
  • 生涯学習センターの利用

     市内各学習センターは、原則として登録を受けた方(団体)に部屋をお貸ししています。初めてご利用になられる場合は、市内に5館ある学習センター窓口で登録の申請を行ってください。約2週間で「団体ID」と「パスワード」を発行します。団体の性質により、提出書類が異なりますので、必ず事前にご利用を希望される学習センターに... 詳細表示

  • 勤労者住宅資金利子補給制度

    勤労者の方が大和市内に自己の居住する住宅を取得又は増改築するために、中央労働金庫から住宅資金の融資を受けた場合に、その返済金に係る利子額の一部を補助する制度です。手続方法については融資を受けた中央労働金庫の各支店にお聞きください。《関連リンク》 産業活性課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 農業振興地域制度

    農用地区域に指定されている土地地番については、農政課窓口にてご確認ください。《関連リンク》 農政課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:956
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • カテゴリー: 農業  ,  農政課
  • 市内の青少年関係団体

    青少年が参加している団体として、大和ユースクラブがあります。小学校5・6年生は「わくわく冒険隊」、中学・高校生は「ジュニアシニアクラブ」、大学生以上の青少年は「ユースボランティア」にそれぞれ所属し、学校や学年の枠にとらわれず、年間を通して様々な活動を行っています。また、青少年育成団体として、青少年指導員、子ども会... 詳細表示

  • 献血できる基準

     400mlの全血献血基準は年齢が男性17歳・女性18歳~64歳まで(60歳~64歳の間に献血をしたことがある人は69歳まで)で、体重が男女とも50kg以上の健康な人が基準となります。  妊娠中の方、過去6ヶ月以内に妊娠していた方、一部の薬を服薬中の方、血圧やヘモグロビン濃度が基準値未満の方、エイズ検査を目的と... 詳細表示

  • ボランティア保険の適用

    お祭りや子ども会活動などの単なる参加者、政治・宗教及び営利を目的とする活動は保険の対象になりません。また、以下の事項も保険の対象となりません。・賠償責任事故(1)市民団体若しくは指導者等又は市の故意による事故(2)変乱、暴動等の政治的社会的騒じょうによる事故(3)地震、噴火、洪水、津波等の天災による事故(4)指導... 詳細表示

  • ヤングキャリアカウンセリング

    大和市では若年者の就労を支援するため、毎月最終火曜日に大和市勤労福祉会館においてヤングキャリアカウンセリングを開催しています。事前に予約が必要となりますので産業振興課までご連絡ください。・定員5名(相談時間は約1時間)【問い合わせ先】 産業振興課工業勤労担当(電話:046-260-5135)《関連リンク》 ... 詳細表示

  • 市民活動支援

    大和市民活動センターがあります。市民の自主的で営利を目的としない活動を支援する施設です。センターは、会議室やミーティングスペース、情報検索コーナーなどを設け市民活動団体を応援しています。また、「市民活動ってなんだろう?」、「これから市民活動を始めよう!」という個人のかたも応援しています。・大和市民活動センター(大... 詳細表示

  • コミュニティセンターの使用

    市内には地域コミュニティ醸成のために全20館のコミュニティセンターが設置されており、サークル活動や会議等でご使用いただけます。【場 所】・市内全20会館※使用申請は各会館の受付で行ってください。【開館時間】・10:00~22:00(受付は10:00~17:30)【休館日】・月曜日、年末年始(12/29~1/3)【... 詳細表示

  • 通夜・葬式・告別式ができる場所

     大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の4市で組織する広域大和斎場組合が運営する大和斎場があります。詳しくは参考「大和斎場ホームページ」をご覧ください。 《関連リンク》 健康づくり推進課へのお問い合わせ 大和斎場ホームページ 詳細表示

35件中 1 - 10 件を表示