• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市政情報 』 内のFAQ

119件中 1 - 10 件を表示

1 / 12ページ
  • 事前に投票する方法

    投票日に仕事やレジャーなど予定が入っていて投票所へ行かれない場合は、期日前投票(不在者投票)ができます。期日前投票は、公示(告示)日の翌日から投票日の前日までに、名簿登録地の選挙管理委員会が指定した投票場所で投票する制度で、投票日に投票できない旨を請求書兼宣誓書に記入して投票用紙の交付を受けた後、投票日と同じよう... 詳細表示

  • 投票所入場整理券が届かない時

    投票所入場整理券は、大和市の有権者へ世帯毎に発送しますが、4名連記のため5名以上のご家族の場合、同じ世帯でも複数に分かれてしまい配達がずれることがあります。また、投票所入場整理券は、選挙のお知らせや受付事務の効率化を図ることを主な目的として配布していますので、万一届かなかった場合でも、大和市の選挙人名簿に登録され... 詳細表示

  • 航空機の飛行時間帯

    日本政府とアメリカ政府との間における合意では、「2200時から0600時まで間、厚木海軍飛行場におけるすべての活動(飛行及びグランド・ラン・アップ)は、運用上の必要に応じ、及び合衆国軍の態勢を保持する上に緊要と認められる場合を除き、禁止される。訓練飛行は、日曜日には最小限にとどめる」とされています。飛行計画などに... 詳細表示

  • 滞在先での投票

    長期の出張や旅行などで期日前投票所にも行くことができない場合は、期日前投票と同じ期間に、滞在している市区町村で不在者投票ができます。選挙人名簿に登録されている市区町村の選挙管理委員会に不在者投票用紙等の請求書兼宣誓書を提出すると、投票用紙等が送付されますので、滞在先の市区町村の選挙管理委員会にお持ちの上、投票手続... 詳細表示

  • 投票所入場整理券を紛失した時

    投票所入場整理券は、名前のとおり投票所のお知らせや受付事務の効率化を図ることを主な目的として配布していますので、仮に投票所入場整理券を紛失してしまったり、投票所に持参しなかった場合でも投票できます。投票の際、従事者に投票所入場整理券を紛失したことをお伝えください。《関連リンク》 選挙管理委員会へのお問い合わせ 詳細表示

  • 投票することができる者

    日本国民で18歳以上であれば誰でも選挙権はありますが、実際に投票するためには、大和市の選挙人名簿に登録されていなければなりません。大和市の選挙人名簿に登録されるには、大和市に住民票がある年齢満18歳以上の日本国民で、その住民票が作られた日(転入届を出した日)から引き続き3か月以上、大和市の住民基本台帳に記録されて... 詳細表示

  • 航空機騒音の発生期間

    米海軍空母艦載機の厚木基地への飛来は、横須賀を事実上の母港とする空母の動向に左右されます。 通常、空母が横須賀に入港する数日前になるとその艦載機は厚木基地に飛来し、空母が横須賀を出港した後、洋上の空母に着艦します。したがって、空母が航海のため横須賀を出港してしばらくすると、たいてい厚木基地の空母艦載機も... 詳細表示

  • 郵便での投票

    「身体障害者手帳」「戦傷病者手帳」「介護保険証」をお持ちの方で、その障害・傷病・要介護状態区分の程度が一定の要件にあてはまる場合は、自宅で「郵便等による不在者投票」ができます。原則として自書できる方が対象になりますが、上肢や視覚の障害の程度によっては、代理記載による投票もできます。いずれもあらかじめ「郵便等投票証... 詳細表示

  • 市外から転入した場合の投票

    転入届を出してから3か月経過しないと大和市では投票できません。ただし、以前お住まいの市区町村から入場整理券が届いている場合、そちらで投票することができます。 この場合、前住所地に投票に行く事もできますが、滞在先で投票する場合と同じ方法で、大和市で不在者投票することもできます。 また、知事・県議・市長・市議... 詳細表示

  • 航空機騒音の影響(大和市への転入に際して)

    航空機騒音の感じ方は人によって異なることから、市内のどこであれ、騒音被害の大小を一概に申し上げることは難しいと考えています。市では、騒音被害は市内全域に及んでいるとの立場で騒音被害の解消に向けて取り組みを進めています。《関連リンク》 基地対策課へのお問い合わせ 詳細表示

119件中 1 - 10 件を表示