• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市政情報 』 内のFAQ

119件中 1 - 10 件を表示

1 / 12ページ
  • 航空機の飛行時間帯

    日本政府とアメリカ政府との間における合意では、「2200時から0600時まで間、厚木海軍飛行場におけるすべての活動(飛行及びグランド・ラン・アップ)は、運用上の必要に応じ、及び合衆国軍の態勢を保持する上に緊要と認められる場合を除き、禁止される。訓練飛行は、日曜日には最小限にとどめる」とされています。飛行計画などに... 詳細表示

  • 厚木基地の飛行機

    厚木基地には、海上自衛隊の航空機・ヘリコプターや米海軍のヘリコプターなどが常駐している他、横須賀を事実上の母港とする米空母の入港に伴って米海軍の空母艦載機が飛来します。その他、米軍や自衛隊の輸送機などの飛来も見られます。《関連リンク》 基地対策課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 航空機騒音の発生期間

    米海軍空母艦載機の厚木基地への飛来は、横須賀を事実上の母港とする空母の動向に左右されます。 通常、空母が横須賀に入港する数日前になるとその艦載機は厚木基地に飛来し、空母が横須賀を出港した後、洋上の空母に着艦します。したがって、空母が航海のため横須賀を出港してしばらくすると、たいてい厚木基地の空母艦載機も... 詳細表示

  • 航空機騒音問題

    厚木基地は海上自衛隊と米海軍が共同で使用している基地であり、それぞれの航空機の離着陸などに伴う騒音により周辺住民は被害を受けています。厚木基地の航空機騒音のなかでもとりわけ深刻なのが、米海軍の空母艦載機によるものです。 米海軍は、日米安全保障条約に基づき日本に駐留していますが、横須賀を事実上の母港とする... 詳細表示

  • 飛行の中止

    市では航空機による騒音被害の抜本的な解消に向けて様々な取り組みをすすめています。しかしながら、現状では、厚木基地は日米両国政府間の条約に基づいて提供されている施設でもあることから、市が即座に航空機騒音を止めさせるということは困難であるというのが実情です。市では、皆様のご意見を踏まえ、国や米軍に対し、繰り返し申し入... 詳細表示

  • 航空機騒音の影響(大和市への転入に際して)

    航空機騒音の感じ方は人によって異なることから、市内のどこであれ、騒音被害の大小を一概に申し上げることは難しいと考えています。市では、騒音被害は市内全域に及んでいるとの立場で騒音被害の解消に向けて取り組みを進めています。《関連リンク》 基地対策課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 問合せフォームの画面が開かない

    ご利用しているブラウザの設定や携帯電話の機種(TLS未対応機種)によって、問合せフォームが表示されない場合があります。問合せフォームが表示されない場合は、下記「添付ファイル」をご参照ください。なお、問合せフォームが利用できない場合は、お手数ですが電話や窓口でお問い合わせください。《関連リンク》 各課のお問合... 詳細表示

  • 住宅防音工事の対象区域

    住宅防音工事の対象区域は、南関東防衛局もしくは市内にある座間防衛事務所で確認することができます。お電話によるお問い合わせも可能です。 【問い合わせ先】 ・南関東防衛局 企画部 住宅防音第1課、住宅防音第2課 (電話 045-211-7113) ・南関東防衛局 座間防衛事務所(電話046-26... 詳細表示

  • 生涯学習センターの利用

     市内各学習センターは、原則として登録を受けた方(団体)に部屋をお貸ししています。初めてご利用になられる場合は、市内に5館ある学習センター窓口で登録の申請を行ってください。約2週間で「団体ID」と「パスワード」を発行します。団体の性質により、提出書類が異なりますので、必ず事前にご利用を希望される学習センターに... 詳細表示

  • 住宅防音工事の助成制度

    住宅防音工事助成は、防衛省が実施している事業で、基地周辺の住宅で一定の要件を満たす家屋の防音工事に対して助成される制度です。詳しくは、南関東防衛局にお問い合わせください。 【問い合わせ先】 南関東防衛局 企画部 住宅防音第1課、住宅防音第2課 (電話 045-211-7113) 《関連リンク》... 詳細表示

119件中 1 - 10 件を表示