• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

組織から探す

『 組織から探す 』 内のFAQ

961件中 951 - 960 件を表示

96 / 97ページ
  • 生涯学習振興補助金

    生涯学習の振興に資するための市民及び団体が実施する事業に対して補助金を交付しています。(補助対象経費の2分の1、限度額100万円)補助の対象となる事業は以下のいずれにも該当する事業です。(1)市内を中心に活動する及び団体が行う事業(2)市民を対象に実施する事業(3)文化、芸術及び生涯学習に関する事業(4)事業の実... 詳細表示

  • 排水設備の工事費は誰が負担?

    市の管理は公共ますまでで、排水設備は個人の施設となりますので、市は工事費を負担しません。《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 駐車場への出入口を作るために道路工事をしたい

    自費工事の申請をして承認を受けていただく必要があります。工事の方法や構造については基準がありますので道路・河川管理課課許認可係までご相談ください。なお、工事にかかる費用は全額自己負担となります。《関連リンク》 道路・河川管理課課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 水路占用

    水路を占用する場合には許可が必要となります。占用できる物件や構造等については基準がありますので道路・河川管理課課許認可係までご相談ください。《関連リンク》 道路・河川管理課課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 家庭の排水設備の管理者

    家屋の所有者となりますので、個人で排水設備を管理することとなります。したがって排水設備のつまり等は個人で指定工事店に頼んで対応してください。《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金の猶予

    地目が田畑・山林で、当面下水道の利用のない土地について、負担金の徴収を猶予することができます。 猶予できる対象の土地に受益者負担金を賦課する際には、「猶予(減免)申請書」を送付いたしますので受益者負担金の猶予をご希望される場合、「猶予(減免)申請書」に必要事項をご記入・ご捺印の上、ご提出ください。ただし、のちに... 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金の減免

    次のように公共の利用に供する土地については、負担金が減額、免除されます。学校、公園、公民館、図書館、鉄道施設、境内、墓地等が対象となります。減免の対象となる土地をお持ちの方には、河川・下水道整備課からその旨のお知らせ及び「猶予(減免)申請書」をお送りいたしますので、ご提出ください。《関連リンク》 下水道事業... 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金(営業用の場合)

    業務(営業に使用している部分)に係るものは、一定の基準により、その支出の日に属する年度の当該業務に係る所得の金額の計算上、事業用の経費として必要経費に算入することができるとされています。 詳しくは,大和税務署 ℡046-262-9411 にご確認ください。 《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 下水道事業受益者負担金

    下水道施設のできあがった区域の土地所有者や土地の権利者が受けることができる環境の改善や快適性の創出のために、投入した工事費の一部をご負担いただく制度です。 《関連リンク》 ※説明なし 下水道経営課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 公共ますを入れて欲しい

    一定の要件で入れることができますので、下水道経営課(260-5468)までお問い合わせください。 《関連リンク》 下水道経営課へのお問い合わせ 公共汚水ます設置のご案内 詳細表示

961件中 951 - 960 件を表示