• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市民経済部 』 内のFAQ

192件中 161 - 170 件を表示

17 / 20ページ
  • 戸籍証明を請求できる人

    戸籍・除籍等を請求できるのは、原則として、ご本人・配偶者及び直系血族(祖父母・父母・子・孫等)の方のみです。例外としては、相続手続が生じたときに直系血族がいないときなどは、法定相続人となる傍系血族(兄弟姉妹・おじ・おば・いとこ)の方が請求できる場合があります。また、裁判手続など、正当な理由がある場合にも、それを証... 詳細表示

  • 休日・夜間の戸籍届出

    できます。届書とその他必要な書類をお持ちください。【届出場所】市役所本庁舎地下の守衛室【大切なお知らせ】・審査は翌開庁日になりますが、内容に不備がなければご提出いただいた日の日付で受理されます。・内容に不備があった場合は窓口に来ていただくか、届書をお返しすることもありますので、ご了承ください。《関連リンク》 ... 詳細表示

  • 海外からの戸籍請求

    本籍が大和市の方は、海外から戸籍等を請求できます。次のものを郵送してください。ただし、戸籍等が届くまで時間がかかる場合があります。 【必要なもの】 (1)申請書(便箋に次の必要事項を記入してください) ・請求者の住所・氏名 ・連絡先(メールアドレス、日本国内のご家族の電話番号など) ・必要な戸籍の本... 詳細表示

  • 改製原戸籍

    戸籍の様式や編製基準は、法令等の改正により変更されることがあります。新しい様式や編製基準に合わせて、戸籍を書き換えることを「改製」といいます。・最も大きな改製は、昭和32年法務省令第27号による改製で、それまでの戸主を中心とした戸籍から、夫婦とその未婚の子どもを単位とした戸籍に書き換えました。この書き換える前の戸... 詳細表示

  • 印鑑登録の身分証明

    印鑑登録は、ご本人の意思に基づいて行われる大変重要な手続きですので、より確実な本人確認をするため、官公署・法人発行の顔写真付き身分証明書(有効期限内の運転免許証、パスポート、外国人登録証など)を確認しています。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 印鑑登録の住所変更

    必要ありません。転居の手続きをすると自動的に印鑑登録の住所も変更されます。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 高齢受給者証の有効期限(7月31日)について

    8月以降にご使用いただく高齢受給者証は7月中に送付いたします。もし、8月になっても高齢受給者証がお手元に届かない場合は保険年金課にご連絡ください。すぐにお渡しするようにいたします。 詳細表示

    • No:1029
    • 公開日時:2008/07/17 00:00
    • カテゴリー: 保険年金課
  • 市民活動保険(ボランティア保険)の加入手続き

    ボランティア保険は、市役所が保険会社と契約してます。皆さんは市役所や保険会社への「事前登録」、「保険契約の申し込み」、「保険料の支払い」の必要はありません。《関連リンク》 市民活動課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 市民活動保険(ボランティア保険)

    あります。「新しい公共を支える市民活動保険」がボランティア保険です。市民の皆さんがボランティア活動中に怪我をしたなど、不慮の事故を補償するものです。《関連リンク》 市民活動課へのお問い合わせ 詳細表示

  • NPOとボランティア

    どちらも自主的、自発的に社会貢献を行うという点では同じです。どこが違うかというと、ボランティアは「個人」を、NPOは「組織」を指すということです。また、NPOは「目的を達成するために運営のルールを持ち、組織的、継続的に活動を行うとともに、提供するサービスに見合う対価を受け取ることもできる」のに対し、ボランティアは... 詳細表示

192件中 161 - 170 件を表示