• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市民経済部 』 内のFAQ

192件中 61 - 70 件を表示

7 / 20ページ
  • 世帯主に課税されます

    保険税は世帯主に課税されます。同じ世帯に国保加入者がいる世帯では、世帯主が保険税を支払う納税義務者となり、納付書や保険証などは世帯主宛に送られます。この場合の保険税額は国保加入者分のみで、世帯主分は含まれていません。《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 住民基本台帳カード(住基カード)について

    住民基本台帳カードの交付は、平成27年12月末をもって終了しました。交付済みのカードについては、券面に記載された有効期限まで使用できます。[利用できるサービス等]公的な身分証明書として利用できるほか(顔写真付の場合)、コンビで住民票の写しや印鑑登録証明書を発行できるコンビニ交付サービスが利用できます(事前に手続き... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の保険料

    保険料は、個人での支払いとなります。(世帯ごとではありません。) 所得割額と均等割額の合計となります。保険料の算定方法(平成30・31年度)は次のとおりです。 《(前年の総所得金額等)-33万円》×8.25%+41,600円=年間保険料額 例えば、厚生年金収入が300万円の方の場合、保険料は... 詳細表示

  • 転出証明書の郵送交付

    転出届は郵送で手続きできます。次のものを郵送してください。【必要なもの】(1)届出書(便箋等に次の必要事項を記入してください)・届出人の氏名・押印・電話番号(日中連絡の取れる電話番号)・請求日(届出書を記入した日) ・異動日(新住所に住み始める日)・新住所、新世帯主(引越し先での状況)・旧住所、旧世帯主(大和市で... 詳細表示

  • 住民票の写しの受付窓口について

    窓口で取る場合 【平日】 ・時間:8:30~17:00(中央林間分室は10:00~18:30) ・場所:大和市役所本庁1階 市民課、分室(中央林間、渋谷)、連絡所(大和、桜ヶ丘) 【土・日曜日】 ・時間:土曜日8:30~17:00     日曜日8:30~12:30 ・場所:大和市役所本庁1階 ... 詳細表示

  • 印鑑の変更

    印鑑登録の廃止の手続きをした後に、改めて印鑑登録の手続きをしてください。①本人が廃止の手続きをする場合【必要なもの】・本人確認ができるもの(運転免許証、健康保険証など)・登録した印鑑(紛失していない場合)・印鑑登録証(カード)(紛失していない場合)廃止の手続き後、新しい印鑑(変更希望の印鑑)で登録の手続きをしてく... 詳細表示

  • 中小企業資金融資制度

    大和市では、中小企業の皆さんが使いやすい、融資制度をご用意しています。利率が低く、利子補給制度や神奈川県信用保証協会に支払った信用保証料に対する補助金の制度もございます。詳しくは関連ページを参照してください。《関連リンク》 産業活性課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 中小企業退職金共済掛金補助金制度

    従業員の退職金を確保するため、国が実施する「中小企業退職金共済制度」と、商工会議所が実施する「特定退職金共済制度」に加入している事業主に対して、新規加入から3年間共済掛金の一部を補助する制度です。前年度にお支払いになった掛金について、毎年6月に補助申請を受付けます。【問い合わせ先】 産業振興課工業勤労担当(電話:... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度の運営

    神奈川県後期高齢者医療広域連合が主体となり運営しています。 県単位で運営することで、市町村間の連携を強化し、事務効率そして住民サービスを向上することができます。 申請受付や保険料徴収などの窓口業務は市役所で行います。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 土曜日・日曜日の印鑑登録

    できます。土曜日・日曜日は市役所本庁舎が開庁していますので、印鑑の登録や廃止のお手続きもしていただけます。【受付時間】・土曜日 8:30~17:00・日曜日 8:30~12:30【受付場所】・市役所本庁舎1階市民課【登録に必要なもの】①ご本人が印鑑登録の申請をする場合は、3つの方法があります。Ⅰ【官公署・法人発行... 詳細表示

192件中 61 - 70 件を表示