• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 市民経済部 』 内のFAQ

192件中 81 - 90 件を表示

9 / 20ページ
  • 電波障害等の相談

    大和市には、電波障害の調査機関はありません。 なお、総務省関東総合通信局総合通信相談所で、放送・電話・インターネット・無線・電磁波など情報通信行政に関する、問い合わせや苦情要望等の相談を受付けています。 電話:03-6238-1940(土日祝日を除く 9:00~12:00 13:00~17:00) 《関... 詳細表示

    • No:871
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • 更新日時:2017/03/14 10:22
    • カテゴリー: 相談  ,  市民相談課
  • 離婚後の子の戸籍

    お子様の戸籍を移すためには、まず家庭裁判所で子の氏の変更許可の申立をして、許可を得る必要があります。家庭裁判所で許可を得たあとに、市区町村に「入籍届」と、家庭裁判所でもらった「氏の変更許可の審判書の謄本」を提出してください。また、大和市が本籍地でない場合には戸籍謄本の添付が必要となります。            ... 詳細表示

    • No:647
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
    • カテゴリー: 市民課
  • 届出に添付する戸籍謄本

    大和市では有効期限は定めていません。                                           しかし、お持ちの戸籍謄本の内容に変更がある場合は、改めて戸籍を取得していただく必要があります。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 印鑑登録証明書の受付窓口

    ①窓口を利用する場合 【受付時間】 ・平日 8:30~17:00(中央林間分室は10:00~18:30)  ・土曜日 8:30~17:00(市役所本庁舎のみ) ・日曜日 8:30~12:30(市役所本庁舎のみ) 【受付場所】 ・市役所本庁舎1階市民課 ・分室(中央林間・渋谷) ・連絡所(大... 詳細表示

  • ヤングキャリアカウンセリング

    大和市では若年者の就労を支援するため、毎月最終火曜日に大和市勤労福祉会館においてヤングキャリアカウンセリングを開催しています。事前に予約が必要となりますので産業振興課までご連絡ください。・定員5名(相談時間は約1時間)【問い合わせ先】 産業振興課工業勤労担当(電話:046-260-5135)《関連リンク》 ... 詳細表示

  • 60歳を過ぎてからの国民年金

     60歳までに老齢基礎年金の受給資格期間を満たしていない場合や、40年の納付済期間がないため老齢基礎年金を満額受給できない場合であって、厚生年金・共済組合等に加入していないときは、60歳以降(申出された月以降)でも任意加入することができます。  ただし、さかのぼって加入することはできません。 1.... 詳細表示

  • 後期高齢者医療制度で病院にかかる時

    これまでは高齢受給者証と健康保険証の2点をお持ちいただいていましたが、 75歳になると後期高齢者医療制度の保険証1枚になります。 ※一定の障がいがある65~74歳の方で、後期高齢者医療制度の加入申請をされた方も同様です。 《関連リンク》 保険年金課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 人間ドックの助成

    大和市の国保に加入して一年が経過して、市税等に未納がない方が助成の対象となります。 病院に予約した後に保険年金課窓口に申請してください。 対象となる病院によってコースに制限があるので、注意してください。 詳しくは保険年金課HPを参照してください。 後期高齢者医療制度のかたも、市税等に未納がない方は... 詳細表示

  • 本籍を忘れた場合

    まずは、ご親族に確認してみてください。 それでも不明の場合は、お住まいの市区町村で、「本籍記載の住民票」(有料)を請求してください。 本籍記載の住民票は、ご本人及び同一世帯の方でしたら、本人確認ができるもの(運転免許証・保険証等)をお持ちになれば請求できます。 現在の本籍が分かりましたら、本籍地の市区町村に... 詳細表示

  • 住民票記載事項証明

    住民票記載事項証明は、住民票(住民基本台帳)に記載されている事項を証明するものです。提出先(学校や職場など)の指定用紙をお持ちの方は、あらかじめ楷書で記入してお持ちください。指定用紙がない場合は、市の様式に必要事項を記入して提出してください。《関連リンク》 市民課へのお問い合わせ 詳細表示

192件中 81 - 90 件を表示