• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 環境農政部 』 内のFAQ

107件中 91 - 100 件を表示

10 / 11ページ
  • 生ごみ処理容器等設置補助について(提出書類)

    申請には次の書類が必要です。・領収書(原本、申請者の名前と購入機種を明記)・保証書(メーカー発行のもの)または取扱説明書のコピー・申請書(市役所環境総務課、各連絡所、環境管理センターにあります。また、ホームページからダウンロードできます)・請求書(同上)なお、書類の提出先は環境管理センター又は環境総務課になります... 詳細表示

  • 生ごみ処理容器等設置補助について(申請期限)

    生ごみ処理容器等購入後、6ヶ月以内に申請してください。《関連リンク》 収集業務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 生ごみ処理容器等設置補助について(申し込み資格)

    申し込み資格は次のようになります。・市税等の未納がない方及び事業者の方・市内在住の方で、生ごみ・庭木の剪定枝・落葉等の処理のために活用し、生み出される堆肥等について有効活用できる方・市内で同一事業を1年以上営み、引き続き営む事業者の方《関連リンク》 収集業務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 生ごみ処理容器等設置補助について(制度)

    市では次の機種の補助制度があります。①生ごみ処理容器    購入金額の10分の9 限度額5,000円②電動式生ごみ処理機 購入金額の4分の3 限度額50,000円③ガーデンシュレッダー 購入金額の4分の3 限度額30,000円全て本体購入金額が5,000円以上で1世帯及び1事業者あたり①については2基まで、②、③... 詳細表示

  • 土壌汚染調査について

    土壌汚染関係法令等により、有害物質を使用したことのある作業や事業所を廃止するときには調査が必要となります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までお問い合わせください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 土壌汚染に関する有害物質使用事業所

    大和市役所本庁4階生活環境保全課までご来庁ください。なお、電話によるお問い合わせには、お答えできません。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 土壌汚染とは

    土壌が重金属などの有害物質により汚染されることです。汚染された土壌を直接摂取したり、汚染された地下水を飲用すること等により人の健康に影響を及ぼすおそれがあります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までお問い合わせください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 農家からの煙

    屋外燃焼行為は法令等により規制されていますが、農作業に伴う屋外燃焼行為は、例外として認められています。ただし、「みだりに燃焼してはならない」ことになっていますので、現地調査を行います。電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 ... 詳細表示

  • 一般家庭からの煙

    一般家庭での屋外燃焼行為については、法令等で「みだりに燃焼してはならない」ことになっています。現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号等と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 事業所からの煙

    屋外燃焼行為は法令等で規制されています。現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

107件中 91 - 100 件を表示