• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 環境農政部 』 内のFAQ

107件中 51 - 60 件を表示

6 / 11ページ
  • ごみの出し方(事業系)

    事業活動に伴って発生する廃プラスチック、金属、ゴム、ガラス履、蛍光灯、電球、乾電池等は産業廃棄物に該当しますので、大和市では処理できません。専門の業者に委託してください。<お問い合わせ先>大和市環境事業協同組合 電話264-2033                                         ... 詳細表示

  • 生ごみ処理容器等設置補助について(対象機種)

    ディスポーザータイプの生ごみ処理機は補助対象になりません。その他の機種については特別の制限はありません。又、市の方で特定の機種、メーカーを推奨することもありません。《関連リンク》 収集業務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 環境管理センターへのごみの持込み

    黄色の袋(有料指定ごみ袋)に入れる必要はありません。透明か半透明の袋を使用してください。環境管理センターで、ごみの重さを計り、10kgまでごとに200円の処理手数料をいただきます。黄色の袋(有料指定ごみ袋)で持込んだ場合も同様に手数料をいただく事になりますのでご注意ください。燃えるごみ、燃えないごみに分別して持込... 詳細表示

  • 一般廃棄物処理業の許可申請

    大和市内に本社又は事業所・営業所があり、申請者が、自ら事業を実施する者であることなどが条件となっています。詳しくは、大和市環境管理センター 施設保全課(電話:046-260-5766)へお問合せください。《関連リンク》 施設課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 公園内でのペットの散歩

    1 フンをした場合は必ずその場で片付け、各自でお持ち帰りください。(砂場等ではフンをさせないでください。)2 必ず手にしたひも等でつないでください。3 他の利用者に迷惑がかからないようにしてください。《関連リンク》 みどり公園課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 合併処理浄化槽の補助金

    市街化調整区域にある汲み取り式便所や単独浄化槽を合併浄化槽に変更するときは、条件によって補助金交付の対象となります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)にご相談ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 落ち葉や家庭ごみの自宅での焼却

    屋外燃焼行為は法令等で規制されています。物を燃やすと、必ず煙や臭いが出て、ご近所に迷惑がかかることがあります。またビニールやプラスチック系の物を燃やすと、有害物質が煙となって大気を汚す原因になります。家庭などのごみは燃やさないで、指定された日に分別して出してください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い... 詳細表示

  • ごみカレンダーアプリは、Android(アンドロイド)端末で利用できますか

    ごみカレンダーアプリは、Android(アンドロイド)端末、iPhone(iOS端末)、両方に対応した無料アプリです。Google playで「大和市ごみ」のキーワードで検索し、インストールしてください。 詳細表示

  • 資源の出し方(その他の紙)

    封筒や紙袋に入れていただくのは、回収時の飛散防止のためにお願いしております。そのような物がない場合は、雑誌の間に挟んでいただいたり、資源回収に出されたものの中に差し込んで頂いても結構です。また、お手数ですが、ある程度ご家庭でため置きが可能であればお願いします。《関連リンク》 収集業務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 資源の出し方(事業系)

    新聞・雑誌・段ボール等の紙類については、大和市リサイクル事業協同組合が運営する柳橋エコセンターが無料で受け入れています。<お問い合わせ先>柳橋エコセンター:大和市柳橋5-13-9 電話269-9905《関連リンク》 収集業務課へのお問い合わせ 詳細表示

107件中 51 - 60 件を表示