• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 生活環境保全課 』 内のFAQ

23件中 1 - 10 件を表示

1 / 3ページ
  • 公共の場所への不法投棄

    1 道路上の不法投棄は土木管理課(電話046-260-5403)、公園内の不法投棄は各公園の管理窓口(『公園の管理窓口』参照)等各施設の管理者が対応します。不明の場合は生活環境保全課(電話 046-260-5498)にご連絡ください。市で現地調査に伺います。不法投棄は犯罪ですので、悪質な場合は、まず警察に通報して... 詳細表示

    • No:677
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 私有地への不法投棄

    不法投棄は犯罪です。まずは、警察に連絡してください。投棄物の処理は、原則投棄者の責任において撤去することとなりますが、土地の所有者・管理者には管理責任があります。そのため、投棄者が判明しなかった場合は、土地の所有者・管理者の責任で片付けていただくことになります。柵の設置や普段からの清掃など、投棄されにくい環境づく... 詳細表示

    • No:678
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 近所の騒音

    生活騒音は、生活する上で出る音ですからなくすことはできません。また、生活騒音を規制することは、個人の生活を規制することにつながりますので、法律などの規制の対象にはなりません。なお、犬の鳴き声については大和保健福祉事務所(電話:046-261-2948)で、飼い主に対して飼い方の指導を行っていますので、ご相談くださ... 詳細表示

    • No:681
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 落ち葉や家庭ごみの自宅での焼却

    屋外燃焼行為は法令等で規制されています。物を燃やすと、必ず煙や臭いが出て、ご近所に迷惑がかかることがあります。またビニールやプラスチック系の物を燃やすと、有害物質が煙となって大気を汚す原因になります。家庭などのごみは燃やさないで、指定された日に分別して出してください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い... 詳細表示

    • No:689
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • ハチの駆除

    市が駆除を行うのは、スズメバチの巣のみです。土地所有者、管理者、又はその家族の方が、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。アシナガバチやミツバチなどは駆除対象外ですので、害虫駆除業者などの専門業者にご相談ください。また、市内の方に対しては防護服の貸出しを行っております。《関連リンク》... 詳細表示

    • No:679
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 建設現場からの騒音・振動

    一部を除き建設作業に対する規制はありませんが、現地調査を行いますので、電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:683
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 土壌汚染とは

    土壌が重金属などの有害物質により汚染されることです。汚染された土壌を直接摂取したり、汚染された地下水を飲用すること等により人の健康に影響を及ぼすおそれがあります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までお問い合わせください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:692
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 環境保全関係法令の届出

    以下のようなときに届出が必要となる場合があります。・工場や事業所を開始するとき・工場や事業所での作業内容を変更するとき・工場や事業所を廃止するとき詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:691
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 農家からの煙

    屋外燃焼行為は法令等により規制されていますが、農作業に伴う屋外燃焼行為は、例外として認められています。ただし、「みだりに燃焼してはならない」ことになっていますので、現地調査を行います。電話で住所、氏名、電話番号と詳しい状況を生活環境保全課(電話:046-260-5106)までご連絡ください。《関連リンク》 ... 詳細表示

    • No:688
    • 公開日時:2008/03/05 00:00
  • 土壌汚染調査について

    土壌汚染関係法令等により、有害物質を使用したことのある作業や事業所を廃止するときには調査が必要となります。詳しくは、生活環境保全課(電話:046-260-5106)までお問い合わせください。《関連リンク》 生活環境保全課へのお問い合わせ 詳細表示

    • No:695
    • 公開日時:2008/03/05 00:00

23件中 1 - 10 件を表示