• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康福祉部 』 内のFAQ

109件中 11 - 20 件を表示

2 / 11ページ
  • 健康手帳

     市民の方であれば、誰でももらえます。ご自身の健康管理に必要な豆知識と健診結果や生活状況が記録できる手帳です。交付場所は、保健福祉センター4階の健康づくり推進課、大和市役所1階の保険年金課、渋谷分所、各連絡所、文化創造拠点シリウス4階の健康度見える化コーナーです。  詳しくは、健康づくり推進課(☎046-260... 詳細表示

  • 通夜・葬式・告別式ができる場所

     大和市・海老名市・座間市・綾瀬市の4市で組織する広域大和斎場組合が運営する大和斎場があります。詳しくは参考「大和斎場ホームページ」をご覧ください。 《関連リンク》 健康づくり推進課へのお問い合わせ 大和斎場ホームページ 詳細表示

  • 健康に関する教室・講座

     文化創造拠点シリウス4階にある健康テラスで、生活習慣病予防などの疾病予防や栄養・運動などの健康に関する講座を実施しています。毎週月・水・金の13:30~14:00、事前申込み不要で、どなたでも参加していただけます。  また、大和市健康普及員が実施する健康教室もあり、地域の掲示板や回覧などでお知らせして... 詳細表示

  • 2号被保険者(40歳以上65歳未満のかた)の介護サービス利用

    40歳以上65歳未満のかたは、要介護状態の主因が、パーキンソン病などの16の疾病(特定疾病)に該当する場合のみ、要介護(要支援)認定を受け、介護(介護予防)サービスを利用することができます。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 2号被保険者の介護サービス利用について

    40歳以上65歳未満の方は、要介護状態の主因が、パーキンソン病などの16の疾病(特定疾病)に該当する場合のみ、要介護(要支援)認定を受け、介護(介護予防)サービスを利用することができます。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護サービスの自費利用

    介護(介護予防)サービスは、認定されている介護度に応じて1か月に利用できるサービス量の上限が決まっており、限度内であれば費用の1割負担で利用できます。限度額を超えてサービスを利用する必要がある場合は、サービスを利用することは可能ですが、限度額を超える分については、全額自己負担となります。《関連リンク》 介護... 詳細表示

  • 介護サービスの利用

    まずは、要介護(要支援)認定を受けてください。認定を受けるための申請手続きは、市役所1階、大和保健福祉センター5階介護保険課窓口で行うことができます。認定を受けた後、ケアプラン(介護サービス計画)の作成を、居宅介護支援事業所(要支援の方は地域包括支援センター)に依頼し、サービス利用を開始します(施設入所を希望する... 詳細表示

  • 介護サービス計画の自己作成

    ケアプランは自分で作成することもできますが、自立支援に向けた介護サービスを適切に組み合わせたケアプランを作成し、利用するサービス提供事業所と調整し、介護給付費の請求に関する書類を作成するなど、専門知識が求められますので、ケアマネジャー(要支援の方は地域包括支援センター)に作成してもらうのがよいでしょう。なお、ケア... 詳細表示

  • 介護サービス計画の変更

    変更の必要性が認められる場合はケアプラン(介護サービス計画)の変更は可能ですので、ケアマネジャー(要支援の方は地域包括支援センター)にご相談ください。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 介護保険施設への入所

    大和市での手続きは必要ありません。入所を希望する施設へ直接お申し込みください。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

109件中 11 - 20 件を表示