• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康福祉部 』 内のFAQ

109件中 11 - 20 件を表示

2 / 11ページ
  • 犬の登録手続き

     生後91日以上の犬は、生涯1回の犬の登録と毎年1回の狂犬病予防注射が狂犬病予防法で義務づけられています。 【犬の登録】  犬を取得した日(生後90日を経過した日)から30日以内に、保健福祉センター4階にある健康づくり推進課で登録を申請してください。  毎年4月頃に実施している集合注射会場でも登録手続ができ... 詳細表示

  • 高齢者見守り(緊急通報)システムについて

    <対象となる方> 高齢者見守り(緊急通報)システムを設置については、ご自宅に固定電話の回線が引かれており、電話でのやりとりが可能である、次の①~③のいずれかに該当する方が対象となります。 ①65歳以上の一人暮らしの方で、心疾患、脳血管疾患、慢性呼吸不全、癌、糖尿病、高血圧症等の持病があり、その持病を原因として... 詳細表示

  • 福祉タクシー利用助成事業

    大和市に居住する方で、次のいずれかに該当する方が対象となります。(1)次の身体障害者手帳をお持ちの方下肢障害・体幹機能障害・視覚障害:1・2級上肢障害・内部障害:1級(2)療育手帳のA1・A2をお持ちの方。(3)児童相談所または県立総合相談センターにおいて、知能指数35以下と判定をうけた方。(4)精神障害者保健福... 詳細表示

  • 特定健康診査(受診券)

    これまでは40歳以上の方の健診は大和市が市民の方を対象に基本健康診査として実施していましたが、平成20年4月からは ・40~74歳の方には、医療保険者(国民健康保険や健康保険組合、共済組合、政府管掌健康保険等)が加入者に特定健康診査として実施することになり、それぞれの医療保険者(大和市健康づくり推進課)から届き... 詳細表示

  • 老人福祉センター(保健福祉センター3階)の利用方法

    老人福祉センター(保健福祉センター3階)は、市内在住の60歳以上の方に無料で開放している施設で、電位治療による健康器具や貸出図書の閲覧、談話のできる集会室等があります。初めて利用する際は、老人福祉センター受付で利用者登録(福寿カードの発行)をしていただきます。申請時には本人確認書類(健康保険証、運転免許証、マイナ... 詳細表示

  • 軽度者の福祉用具貸与

    軽度者(要介護1や要支援1・2の方)であっても、直近の認定調査結果において、例えば、特殊寝台の利用希望者で調査票の寝返りまたは起き上がりができないなど、貸与の必要性が認められる場合は、特例的に利用することができます。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 福寿カード

    福寿カードは、65歳以上の方(老人クラブ加入者は60歳以上の方)を対象に、高齢者入浴サービス(毎月6日、16日、26日)や柳橋ふれあいプラザ浴場(毎月1日、8日、18日、28日)の無料利用を希望する方に発行します。また、保健福祉センター3階にある老人福祉センターを利用する場合に、利用者登録証として発行します。 ... 詳細表示

  • 献血できる基準

     400mlの全血献血基準は年齢が男性17歳・女性18歳~64歳まで(60歳~64歳の間に献血をしたことがある人は69歳まで)で、体重が男女とも50kg以上の健康な人が基準となります。  妊娠中の方、過去6ヶ月以内に妊娠していた方、一部の薬を服薬中の方、血圧やヘモグロビン濃度が基準値未満の方、エイズ検査を目的と... 詳細表示

  • 特定健康診査

    特定健康診査は、実施年度において40~74歳となる国民健康保険の加入者(毎年度4月1日現在で加入している方)が対象です。 対象となる方には健康づくり推進課から対象者に受診券をお届けいたしますので、受診券と被保険者証を持って、市内協力医療機関で受診してください。 なお、受診される際には予約が必要な医療機関も... 詳細表示

  • 水道料金の減免

    県営水道を利用している次の世帯は、基本料金及び基本料金に係る消費税相当額(1戸2か月当たり1,491円)が減免になります。(1)児童扶養手当を受給している方がいる世帯。(2)特別児童扶養手当を受給している方がいる世帯。(3)重度の知的障害(療育手帳のA1又はA2程度)と判定されている方がいる世帯。(4)身体障害者... 詳細表示

109件中 11 - 20 件を表示