• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 健康福祉部 』 内のFAQ

109件中 21 - 30 件を表示

3 / 11ページ
  • 民生委員児童委員について

    民生委員・児童委員は、民生委員法と児童福祉法に基づき地域住民を支援するボランティアで、厚生労働大臣からの委嘱を受けています。高齢者の介護や障害者の支援、子育てなど地域の皆さんの福祉に関するさまざまな相談に応じ、支援サービスを紹介したり、必要に応じて行政や関係団体・機関とのパイプ役を務めたりします。また、子どもに関... 詳細表示

  • インフルエンザ予防接種(65歳以上)

    大和市に住民登録または外国人登録のある65歳以上の方が対象です。対象者は大和市内の協力医療機関で接種できます。対象者以外の方は、任意接種(自費)となりますので、各医療機関にお問い合わせください。健康づくり推進課のページhttp://www.city.yamato.lg.jp/web/kenko/influenza... 詳細表示

  • がん検診の精密検査

     各がん検診の結果、「要精密検査」となった方は、すみやかに医療機関で検査を受けてください。なお市の検診ではなく診療となりますので、保険証などをご持参ください。精密検査実施医療機関については、検診を受診した医療機関または保健福祉センター4階健康づくり推進課(☎046-260-5662)へお問い合わせください。 ... 詳細表示

  • 胃がん検診

    対象:40歳以上の市民 受診の方法と回数:協力医療機関による施設検診または集団検診のどちらかを選択し受診。年度に1回。 【施設検診を受診する場合】 内容:問診、胃部X線検査(バリウム検査)もしくは胃内視鏡検査(医療機関によって異なります) 場所:市ホームページをご参照ください。時間、予約等に関しては各協力... 詳細表示

  • 健康に関する相談

     血糖値が高めの方、血圧が高い方、コレステロールや中性脂肪などが気になる方、メタボリックシンドロームを予防したい方、低栄養の方に対し、保健師・管理栄養士がご希望や状態に応じた助言をしています。  詳しくは、保健福祉センター4階にある健康づくり推進課(☎046-260-5663)までお問い合わせください。... 詳細表示

  • 新築住宅のバリアフリー施工

    住宅を新築する場合は、介護保険制度の住宅改修の支給対象とはなりません。既存住宅の改修を行う場合のみ、支給対象となります。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 認定前の介護サービス利用

    認定されると、認定有効期間の開始日は申請日にさかのぼりますので、申請日から介護(介護予防)サービス利用は可能です。ケアマネジャー又は地域包括支援センターに相談をして、暫定ケアプランを作成してもらってください。ただし、認定審査の結果、非該当となった場合は、利用されたサービスにかかる費用が全額自己負担となりますので、... 詳細表示

  • 老後に備えた住宅改修

    要介護(要支援)認定を受けている方について、いま現在、住宅改修の必要性が認められる場合のみ、介護保険の住宅改修費の支給対象となります。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • グループホーム(認知症対応型共同生活介護)の入居申込み

    各施設に直接連絡をいれ、入居が可能かどうか調整を行ってください。《関連リンク》 介護保険課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 生きがいづくりバス借上料助成事業の助成金額

    宿泊の場合は、1年度内で60,000円を上限に助成します。また、日帰りの場合は、 1年度内で1回あたり30,000円を上限として、2回までの助成となります。 なお、ガソリン代、高速道路料金、駐車場料金、宿泊代、運転員の昼食代等は、対象外となります。 《関連リンク》 高齢福祉課へのお問い合わせ 詳細表示

109件中 21 - 30 件を表示