• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L

『 こども部 』 内のFAQ

56件中 1 - 10 件を表示

1 / 6ページ
  • 保育園の空き状況について

    受入可能児童数につきましては、「大和市保育所等一覧(受入可能児童数)」のページに掲載しております。 空き状況につきましては、毎月(希望月が1月から4月を除く)20日以降にホームページ更新を予定しています。 《関連リンク》 大和市保育所等一覧(受入可能児童数) ほいく課へのお問い... 詳細表示

  • 乳幼児健診(健診の種類)

    4か月児健診、8か月児健診、1歳6か月児健診、3歳6か月児健診があります。8か月児健診、1歳6ヵ月児一般健診については協力医療機関で行っています。その他の健診は集団健診の形式で保健福祉センター(4か月児健診)、地域医療センター(1歳6か月児歯科健診、3歳6か月児健診)で実施しています。4か月児健診のお知らせについ... 詳細表示

  • 児童手当の支払日

    児童手当の支給は、原則年3回、6月と10月と2月です。それぞれ15日を予定しておりますが、15日が金融機関の休日にあたるときは、その前営業日になります。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 小児医療費助成制度の交付申請

    申請書類を郵送するか、保健福祉センター2Fこども総務課、本庁舎1F市民課13番窓口、渋谷分室、中央林間分室で手続きをしてください。 詳しくは、関連ページを参照してください。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 保育所等利用中の産休・育休について

    上の子が保育所等を利用中に下の子を出産する場合、原則、出産(予定)日の前6週、後8週以内は出産の要件で利用できます。 その後、育児休業を取得し、上の子が同じ施設を利用し続ける場合に限り、下の子が1歳になる年度末までは利用できます。 ただし、下の子 が同年4月から保育所等の利用 が決定したこと等により、... 詳細表示

  • 小児医療費助成制度の対象

    入院・通院とも0歳から中学校卒業までです。※1歳以上は保護者の所得制限があります。《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 小児医療証が使えず、病院の窓口で保険診療分(3割または2割)の医療費を支払...

    小児医療証をお持ちにならず受診した場合や、県外の医療機関で受診した場合は、診療月の翌月以降(5年以内)にこども総務課で還付の申請をしてください(健康保険が適用になった、一部負担金が対象です)。 【申請に必要なもの】 (1)健康保険証 (2)小児医療証 (3)印鑑 (4)医療機関等の領収書(受給者氏名、保... 詳細表示

  • 児童扶養手当

    児童扶養手当は、父母の離婚・父もしくは母の死亡などによって、父又は母の一方からしか養育を受けられないひとり親家庭などの児童のために支給される手当です。支給金額は保護者の所得や児童数に応じて決まります。 《関連リンク》 こども総務課へのお問い合わせ 詳細表示

  • 成人式の開催日

    毎年、成人の日(1月の第2月曜日)に開催しています。 該当する方には、12月上旬頃案内状を送ります。 <参考:2018やまと成人式> 【開催日】平成30年1月8日(祝・月) 【対象】平成9年4月2日から平成10年4月1日までの期間に生まれ、本市に住民登録(外国人を含む)のある者 《関連リ... 詳細表示

  • 求職中の保育所等利用申し込みについて

    求職中や入所後仕事を探す場合でも保育所等はお申し込みできます。 求職中という状況で入所した場合、利用できる期間は原則として3ヶ月になります。 以降も利用したい場合は利用できる期間の前月20日までに「子どものための教育・保育給付支給認定変更申請書」と保育を必要とする保護者の状況が分かる書類(就労証明書な... 詳細表示

56件中 1 - 10 件を表示