• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 142
  • 公開日時 : 2008/03/05 00:00
  • 更新日時 : 2017/04/17 11:21
  • 印刷

監査の内容

どのような監査が行われているのですか。
カテゴリー : 

回答

次の監査を行っています。
(1)定期監査:毎会計年度1回以上期日を定めて、財務に関する事務の執行及び経営に係る事業の管理について、定期監査を実施しています。
(2)行政監査:市の事務事業の中から1事業を選定し、その事業の執行が効率的に行われているか、法令等の定めに従って適正に行われているかなどについて監査を実施しています。
(3)工事監査:市の発注工事のうちから1工事を選定し、その工事の工事業務及び施工が適正、かつ、効率的に行われているか監査を実施しています。
(4)財政援助団体等の監査:市が補助金、交付金、負担金などの財政的援助をしている団体及び公の施設の管理受託者及び出資団体のうちから1団体を選定し、その団体の出納その他の事務執行が適正に行われているかなどについて監査を実施しています。
(5)決算審査:市長及び企業管理者から提出された一般会計、特別会計、公営企業会計の決算書等について、監査委員は、計数の正確性を検証するとともに、予算の執行又は事業の経営等が適正、かつ、効率的に行われているかなどを審査します。
大和市の特別会計は、国民健康保険事業、下水道事業、渋谷土地区画整理事業、老人保健医療事業、介護保険事業、後期高齢者医療事業の6会計です。この他に公営企業会計の病院事業会計があります。
(6)基金運用状況審査:基金の運用状況について、計数の正確性を検証するとともに、基金の運用が適正、かつ、効率的に行われているかなどを審査します。
(7)財政健全化審査:市長から提出された実質赤字比率、連結実質赤字比率、実質公債費比率及び将来負担比率並びにその算定の基礎となる事項を記載した書類について、計数の正確性を検証するとともに、適正に作成されているかなどを審査します。
(8)経営健全化審査:市長から提出された資金不足比率及びその算定の基礎となる事項を記載した書類について、計数の正確性を検証するとともに、適正に作成されているかなどを審査します。
(9)例月出納検査:会計管理者及び企業出納員が現金の出納事務を適正に行っているかを毎月検査します。
(10)住民監査請求:市民の請求があったときには、監査を実施します。詳しくはこちらです。
(11)その他: 議会の請求に基づく監査、市長の要求に基づく監査などがあります。
詳しくは、関連ページを参照してください。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください