• 文字サイズ変更
  • S
  • M
  • L
  • No : 217
  • 公開日時 : 2021/10/05 00:00
  • 印刷

市県民税の給与からの天引き

転職前の会社では市県民税が給与から天引きされていましたが、転職先では給与から差し引きされず、納付書で納めています。どうしてですか。
 
カテゴリー : 

回答

会社にお勤めで給与支払を受けている方は、前年の所得を基に課税された市県民税が勤務先の6月から翌年5月までの毎月の給与から天引き(特別徴収)されます。
退職等により年の途中で給与の支払いを受けなくなった場合は、その給与の支払いを受けなくなった翌月分以降の市県民税を天引きすることができなくなりますので、天引きすることができなくなった分がご自分で納付書(又は口座振替)にて納付する方法(普通徴収)に変更されます。
転職先の給与から市県民税を再び天引きすることは、普通徴収の納期が到来していない分については可能となりますので、転職先に普通徴収の納期が到来していない分の納付書を渡し、市役所に対しての特別徴収への切り替え手続きを依頼してください。普通徴収の納期が過ぎてしまっている場合、その分は給与天引きに切り替えることはできません。
 

アンケート:ご意見をお聞かせください