• No : 123
  • 公開日時 : 2008/03/05 00:00
  • 更新日時 : 2018/06/15 17:22
  • 印刷

青少年に関する相談

回答

相談の対象は、概ね30歳未満の青少年ですが、青少年の問題に関しては、その家族、学校の先生、地域の住民の方からの相談もお受けしています。
①電話相談 相談内容が比較的軽易なものについては、電話での助言を行います。電話番号は以下のとおりです。
◇ヤングテレホン260-5040(子どもが自分や友達のことで相談する電話です)
◇親と子の相談電話261-7830(親が子どものことで相談する電話です)
◇いじめ110番フリーダイヤル0120-874255(いじめを受けている自分、友だちの相談です)
◇不登校相談電話260-5034(親や子どもが不登校のことで相談する電話です)
◇いじめ相談・話してeメール(いじめで悩んでいる小学1年生から高校3年生が相談できるメールです。詳しくはホームページをご覧ください)
②面接相談 電話での相談だけでは解決できない場合には、来室していただき面接での相談に応じます。緊急な場合を除き予約制をとっています。面接相談の場所は青少年相談室です。(住所:大和市深見西1-2-17市民活動拠点ベテルギウス3F)
③継続相談 面接相談の中で、短期間での解決が期待できないケースについては、継続的な相談を通して面接・助言を行っていきます。