• No : 569
  • 公開日時 : 2008/03/05 00:00
  • 印刷

戸籍

回答

人の出生から死亡に至るまでの親族的な身分関係を登録してある公文書で、登録されている方が日本人であるということをはじめ、親子関係・夫婦関係といった身分関係を証明するものです。                                                                     戸籍の記載の全部を転写したものを戸籍全部事項証明書(戸籍謄本)といい、戸籍の記載の一部を転写したものを戸籍個人事項証明書(戸籍抄本)といいます。