• No : 787
  • 公開日時 : 2008/03/05 00:00
  • 印刷

建築基準法の道路性格(定義)

回答

建築基準法では、建築物の敷地が「道路」に2m以上接していないと建築物を建てられません。
この「道路」とは、次の建築基準法第42条第1項各号による幅員4m以上のものです。
・道路法による道路(第1項第1号)
・開発により築造された道路(第1項第2号)
・法律適用時に既に存在した道路(第1項第3号)
・2年以内に都市計画事業等が施行される予定の道路(第1項第4号)
・位置指定道路(第1項第5号)
また、4m未満でも次の建築基準法第42条第2項により指定された道は「道路」とみなされ、その中心から2mセットバックして建築物を建築します。
・法律適用時に既に沿道の立ち並びが存在した幅4m未満1.8m以上の道路(第2項)